Retina XENON 50mm F1.9 Review作例 SchneiderシュナイダークセノンDKLマウント

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

Retina XENON 50mm F1.9 Review作例 SchneiderシュナイダークセノンDKLマウント

Retina XENON 50mm F1.9 Review作例 SchneiderシュナイダークセノンDKLマウント

Retina XENON 50mm F1.9とは

Schneider-Kreuznach XENON 50mm F1.9は1950年代に「Jos. Schneider Optische Werke GmbH (シュナイダークロイツナッハ)」で製造されたシュナイダーの代表的な標準域レンズの1つだ。クセノンの設計、開発はウルトロンなどを設計したAlbrecht Wilhelm Tronnier(アルブレヒト・ウィルヘルム・トロニエ)が行った。シュナイダーは1890年から続く歴史ある企業で、老舗のレンズメーカー「Isco(イスコ)」が傘下に入っている。東西ドイツ統一の際に経営苦難に陥っていたZeiss Icon(ツァイス・イコン)の後身であるPentacon(ペンタコン人民公社)を傘下に収めた。シュナイダーはハッセルブラッドやライカコダックなどのカメラ用に高品位なレンズを供給している。ライカのズマリット50mmF1.5はシュナイダーがOEM製造していて、その前身はクセノン50mmF1.5である。スーパーアンギュロンもシュナイダーのOEM。OEMとは「Original Equipment Manufacturer」の略で「委託者のブランド名で製品を生産する事、または生産するメーカーのことを意味する。ちなみに、吸収合併に伴いトロニエはシュナイダーからCarl Zeiss(カールツァイス)に異動している。

Retina XENON 50mm F1.9のレンズ外観レビュー

撮影機材はカメラがSony α7C、レンズは現行のコシナフォクトレンダー Nokton 58mm f1.4 SL Ⅱs。Nokton58/1.4はトプコールの58/1.4のレンズ構成を参考に作られた復刻版で割と気に入っている。


デッケルマウントのレンズはフランジバックが長めなのでSony αシリーズだとマウントアダプターの長さが気になるところ。Nikonのミラーレスカメラにも装着できる数少ないマウントでもある。Nokton 58mm f1.4 SL Ⅱsは絞っても割と緩いままでF8でも割と緩かったのでF11で撮影。でも緩い。

Schneider-Kreuznach Retina XENON 50mm F1.9をフォクトレンダー Nokton 58mm f1.4で物撮りブログ用 外観レビュー

Sony α7ⅣにSchneider-Kreuznach Retina XENON 50mm F1.9を装着。マウントアダプターはPixco(バシュポ)のデッケル→M42とPixcoのM42をSony Eマウント(NEX)へ変換するヘリコイド付きアダプターを2段重ねで使用。残念ながら無限遠が出なかったのでマウント部を削ろうと思ったが、後にマウントアダプターを他社製のものに変えてL/M変換からの2段重ねで無限遠が出た。

Schneider-Kreuznach Retina XENON 50mm F1.9をフォクトレンダー Nokton 58mm f1.4で物撮りブログ用 外観レビュー

マウントアダプター2段重ねする場合は無限遠が出なくても諦めずに他メーカーの組み合わせで試してみるといい。

Schneider-Kreuznach Retina XENON 50mm F1.9をフォクトレンダー Nokton 58mm f1.4で物撮りブログ用 外観レビュー

開放で撮影。刻印の彫りが手作り感あっていい。

Schneider-Kreuznach Retina XENON 50mm F1.9をフォクトレンダー Nokton 58mm f1.4で物撮りブログ用 外観レビュー

Retina XENON 50mm F1.9のスペック

  • 製造メーカー:Schneider-Kreuznach (シュナイダー・クロイツナッハ)
  • レンズ構成:4群6枚ダブルガウス型
  • マウント:エキザクタ、デッケル、M42など
  • 絞り羽根:6枚
  • 最短撮影距離:1m(0.5mもあり)

Retina XENON 50mm F1.9の作例

近所のお散歩ついでのスナップで適当ですが作例どうぞ。撮影機材カメラ「Sony α7Ⅳ」クリエイティブルックはいつも通り基本NTでjpeg撮って出しでレンズの素性を探る。


当時としては大口径のF1.9というハイスピードレンズ。マクロ側だとさすがにボケは大きい。やはり全体的に微妙に青みがかった写りをする。この花は何だろう?学名:Hibiscus syriacus アオイ科フヨウ属のムクゲ(ハチス) 庭木として人気の高い落葉樹の花らしい。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

公園の藤の木の葉にピントを合わせる。立体感があり中央付近のピント面は開放からシャープ。藤の木の葉の緑の発色がいい。後ろのボケ具合は…滑り台が「ルーーン」ってボケてる。擬音…。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 公園 藤 エモい写真画像

モノクロもいい。藤の木の枝にピントを合わせる。立体感がある。諧調の連なりもいい。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 公園 藤 エモい写真画像

木の葉の緑の発色が鮮やかだ。シャドウも粘りが感じられる。不思議な独特な立体感がある。シュナイダーは軍用レンズを国に提供していたので写りのよさは折り紙付き。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 公園 藤 エモい写真画像

静けさが感じられる。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 公園 藤 エモい写真画像

当時としては大口径のF1.9だがボケは自然な感じにまとまっている。クセノンは正統派の銘玉。像面湾曲の残存収差により周囲がザワっとする感じが好き。現行レンズでは嫌われるがオールドレンズに必要不可欠な要素の1つ。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 公園 藤 エモい写真画像

ピント面に不思議な立体感がある。周囲のざわつきやボケ方が丁度いい。藤の木の豆。おいしそう。調べてみると食べられるらしい。〇〇科〇〇属などの種によっては漢方素材に使われるものもあるという。食べられるのか…「じゅるり(心の声)」

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 公園 藤 エモい写真画像

鉄砲百合、学名:Lilium longiflorum ユリ目ユリ科ユリ属(オールユリやないかいユリのロイヤルストレートフラッシュかよ)白と黒だけでこの表現力はさすが銘玉。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

カラーの鉄砲百合。ボケは自然な感じ。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

木にピンクの花が咲いてる。これは何という木だろう。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

玉ボケの輪郭は滲む。グルグルボケの兆候もある。クセが強すぎず優しい描写。花の近くに実がなってる。おいしそうだな、食べられるかな。(そればっかり)(木の実が好きな鳥さんかよ)

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

マクロ側で撮影。柔らかく優しい描写。ふんわりしっとり、うすーいベールがかかったような描写でおしゃれ。発色はニュートラルでやや青みがかったシュナイダーブルーが健在。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

シュナイダーのレチナ用に供給されたクセノン50/1.9の描写は派手さはないが全体的に優しくレトロな雰囲気と温かみがある描写でしっとりとまったりと古き良き時代のレンズの描写を楽しめる。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 flower 花 エモい写真画像

街頭のポールにピントを合わせる。このようにたまに不思議な立体感が出る。金属の冷たく硬い質感と周囲の木々の優しさと葉がそよぐ雰囲気がいい。

Schneider-Kreuznach XENON 50mm f1.9 Revew 作例 公園 森林 木々 自然 エモい写真画像

Retina Xenon 50mm f1.9で試写した感想と写りの特徴

レチナ クセノン50/1.9を試写した感想と写りの特徴は、ピント面からシャープでボケは収差が適切に抑えられて派手さは少なくボケも穏やか。全体的によくまとまっていて優等生的なオールドレンズという印象。色味はややくすんだニュートラルだが押さえるところはしっかり押さえていて、独特の青みがかったシュナイダーブルーも健在。一通り収差を味わい尽くした後にクセの少ないオールドレンズを嗜好品として嗜むようなダンディーでオシャレな写りだと感じた。筆者はクセ玉が好きなので写り過ぎるレンズは少し物足りないと感じた。しかし、時としてクールに撮りたい時は引っ張り出そうと思った。一般ウケはいいだろうになぜか知名度が今一つでのシュナイダーの銘玉はお買い得だと思う。

まとめ

Schneider-Kreuznach Retina Xenon 50mm f1.9はクールによくまとまった写りのダンディーなオールドレンズだった。筆者お気に入りのおすすめオールドレンズだ。このレンズでいい画が撮れれば上級者だと思う。クセ玉ではないだけに、このレンズならではの特性を引き出すにはセンスと経験値が必要だと感じた。オールドレンズらしい激しい収差もいいが、たまには少し違った描写を楽しみたい場合はレンズを選ぶ時の選択肢の1つに入るだろう。デッケルマウントは少しマイナーなのでM42やエキザクタマウントと比べると中古価格はやや安めだ。マウントに寄ってデザインも違うので購入する時はその辺も調べて検討するといいだろう。同じくシュナイダー製の映画用シネレンズCine Xenon 50mm f2のレビューと作例はこちら。レビュー今回のレビューは以上だ。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, Germany, Schneider-Kreuznach
-, , , , , ,