Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例 シネレンズCマウント2.5cm

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例 シネレンズCマウント2.5cm

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例 シネレンズCマウント2.5cm。本レンズは1935年に登場した16mmムービーカメラのBOLEX 16H Leader用の交換レンズとして供給されたシネマ用オールドレンズだ。

Primoplan 25mm f1.5 Cは謎に満ちたシネマ用オールドレンズ

シリアルナンバーは998009で1940年製と推測される。Hugo Meyer Optik Görlitz シリアルナンバー製造年代年表はこちら。情報は非常に少なく謎に満ちている。筆者が所有しているレンズが製造されたのは第二次世界大戦に突入した直後だが、この時代のMeyerのレンズの作りは精工で所有欲を満たしてくれる。レンズは手乗り文鳥より小さく重量も非常に軽いが見た目よりズッシリと重い。

Primoplan 25mm f1.5 Cのスペックとレンズ構成Review

  • 1935年発売H-16 16mm Movie Camera用シネマレンズ
  • 製造メーカー:Meyer Gorlitz
  • マウント:Cマウント
  • 最小絞り値:f16
  • 最短撮影距離:0.45m
  • 重量:実測145g

Primoplan 25mm f1.5 Cのレンズ構成

レンズ構成は下記のように4群4枚Ernostar型でTriplet発展型と見られる。シネレンズだけあって写りは非常に優秀でMeyerらしい滲みと独創的なボケが幻想的でアーティステックな描写だ。

MeyerGorlitzPrimoplan25mmf1.5Optics

画像転用元:M42 Mount Spiral

Primoplan 25mm f1.5 Cのレンズ外観Review

Kino Plasmat 25mm f1.5 Cで撮影したのでドゥルンドゥルン(語彙力)

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5のレンズ外観Review

被写体のカメラはOlympus E-P7、M4/3。

Kino Plasmat 25mm f1.5 作例

これはKern Switar 15㎜ f1.8 H16RXで撮影したと思う。すごい光量落ちだ。まぁ照明も暗いんだけどね。

Primoplan 25mm f1.5 Cのレンズ外観

Primoplan 25mm f1.5 Cの作例Review

とりあえず自宅で試写。深夜。Olympus PEN EP-7で。被写体のレンズはHugo Meyer Kinoplasmat 25mm f1.5 C。どっちもメイヤーのシネレンズ。マクロアダプター装着できないから最短撮影距離は0.45mでこんなもん。

Primoplan 25mm f1.5 Cの作例

キノプラズマートはMマウント改造済みを購入。

Primoplan 25mm f1.5 Cの作例

で、外出して試写。

今回はOlympus EP-7の初試写でもありMFのピント拡大からシャッター半押しで戻らなくアップアップだった。


雰囲気最高。シネマチック。そうか本物のシネレンズだ。低彩度低コントラストとハイライトの滲みが最高。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

ベビーカーの子供がお茶目に目隠ししてくれた。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

プリセットを色々試してみた。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

渋谷のスクランブル交差点。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

なんでもない日常。多分こういうなんでもない日常が最上級の幸せなんだろうな。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

幽霊かよ。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

ハイライトの滲みがマジでエモい。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

映画のワンシーン。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

黄色のピカチュウと、緑のピカチュウもいるんだね。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

皆どこへ行く。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

プリセット変えて3枚。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

皆生き急いでどこへ行く。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

ゆっくり無駄をいっぱい楽しめるようになりたい。

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Review作例

バイバイ。

Primoplan 25mm f1.5 Cの写りの特徴Review

  • ハイライトの滲みがエモい
  • 全体の雰囲気が優しくてさすがシネレンズ
  • マイクロフォーサーズで周辺減光ともとれる若干のケラれ
  • イメージサークルはいっぱいいっぱいだが描写は優秀
  • いつものSony α7cⅡではないので比較が難しい

Hugo Meyer Optik Gorlitzの標準オールドレンズのレビュー作例記事まとめ

戦前のHugo MeyerとMeyer Gorlitzは同じガラスを使用しているが、戦後の「Optik」が刻印されたレンズは違うレンズを使用している。戦後直後はコーティングが施されているとはいえ、戦前のガラスの方が作りや性能はよく、写りもレトロでエモいので好みだ。

さらに、1960年代後半に半官半民のPENTACONに吸収合併されるが、その頃の標準域ダブルガウスレンズもある。写りを比べてみてもいい。辿りやすいように古い順にリンクを貼っておく。標準域レンズに絞った。

まとめ

Meyer Gorlitz Primoplan 25mm f1.5 Cは評判通りエモい写りが魅力だった。次はいつも使っているSony α7CⅡで撮影したい。今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

 

 

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-CineLens, Ernostar, Germany, Hugo Meyer Optik Görlitz, クセ玉, シネレンズ, 滲み玉
-, , , , , , , , , , ,