NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS レビュー作例 Voigtländerフォクトレンダーが銘玉Topcorを復刻

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅駅レトロ エモい写真

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS レビュー作例 Voigtländerフォクトレンダーが銘玉Topcorを復刻

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS レビュー作例 Voigtländerフォクトレンダーが銘玉Topcorを復刻

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡ Sとは何ですか

オールドレンズライターの澤村徹先生が自身の著書でTopconのRE.Auto Topcor 58mm f1.4の美しいボケが世界一の美ボケと呼び声高いKern Alpa Macro Switar 50mm f1.8 ARの写りに迫ると評価している。

実際にコシナフォクトレンダーに問い合わせたところ、Nokton58mmf1.4はトプコンの銘玉RE.AutoTopcor58mmf1.4の復刻版としてトプコールのレンズ構成図を参考にして光学を設計したということは間違いないようだ。

しかし、RE.Auto Topcor58mmf1.4はKern ALPA Macro Switar50mmf1.8ARとは無関係だ。RE.Autoトプコール58/1.4はマクロスイターの様になだらかで美しいボケだと澤村徹氏が評価していたという話だ。筆者は澤村徹氏の著書を10冊程所有しているが、いつも購買意欲を掻き立てられて困っている。

マクロスイターは高価で入手は難しい。そこでRE.Auto Topcor58/1.4とNokton58/1.4SLⅡに目を付けた。調べてみるとノクトンはトプコールの光学設計図を入手して参考にして光学レンズ構成を設計したと証言を得た為購入に踏み切った。

現行レンズだけあって写りはシャープだが開放で柔らかさがありソフトな滲みも僅かに感じられ、ボケはなだらかで美しい。これが新品で税込み6万円弱で入手可能なのでコスパは高いと思う。

過去にトプコールは何度も探したが、フォーカスリングがラバー製で劣化してひび割れている個体が多く、くもっている個体が多かった。クモリも許容すればいいのだが中古相場は5万円台とそこそこ値が張る為、現行レンズの購入を決断した。

RE Auto Topcor 58mm f1.4は1963年発売でレンズ構成は5群7枚ダブルガウス型。2003年にコシナフォクトレンダーが復刻版として限定生産して発売したのがNokton 58mm f1.4でこちらはプレミアがついている。

本記事でレビューするのは光学を再設計して2016年にオールドNikkorを意識してデザインされたSLⅡSでレンズ構成は6群7枚のダブルガウス型。CPUを内蔵したNikonのAi-Sマウントを採用しているが筆者はアダプターを介して電子接点なしでSony Eマウントのボディに装着して使用している。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡSのレンズ外観レビュー

和製マクロスイターのコピーレンズNOKTON58/1.4を本家Kern ALPA Macro Switar 50mm f1.8で撮影。f5.6やf8に絞ってもこうなる。絞ってもド緩いレンズの代表格。 

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡSのレンズ外観

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡSのレンズ外観

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡSのレンズ外観

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡSのレンズ外観

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡSのレンズ外観

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡSのレンズ外観

続いて作例。レンズ物撮りしたマクロスイターとノクトン58の違いに驚くだろう。比較したらアカンやつ。はっきり言ってマクロスイターと和製マクロスイターのコピーはまるで別物だった。かたや寄ってマクロ域の物撮りと、かたやスナップだけどね。

NOKTON 58mm F1.4のレビュー作例

青梅駅前西東京バスのバス停がエモすぎた。現行っぽいコッテリめの発色。ニコン意識?

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅駅前バス停

このビルは再開発で解体される運命。なんでやねん。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅駅前再開発で解体する前のビル

かつて栄えたデパート。アスベスト使用が発覚して無人と化した。後に解体される。なんでやねん。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅駅前再開発で解体する前のビル

広告主募集していたが、やはり解体される。なんでやねん。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅駅前再開発で解体する前のビル

あじさいに寄ってみる。マクロアダプターを装着しているので、レンズの最短距離45cmからさらに寄って25cmくらいかな?

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 紫あじさいマクロ撮影

青梅駅前タクシー乗り場。エモい。クリエイティブルックはFL。jpeg撮って出し。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅駅前タクシー乗り場 レトロ エモい写真

青梅は路地裏がエモい。散歩するなら路地裏。歴史のある寺や神社があちこちに残っていて、やたら吸い込まれる。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅の路地裏 エモい街

シュワッチ(古い)。吸い込まれた。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 神社

絵馬。絵馬っていいよね。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 神社の

西分神社。フレアー発生。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 神社

そう、このレンズはパープルフリンジが出る。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 木々の緑

線路沿いが好き。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 青梅駅近くの線路沿い

虹ゴーストは、やや発生。寺に吸い込まれた。

NOKTON 58mm F1.4 SLⅡS 作例 寺院と虹ゴースト

  • 虹ゴースト発生
  • フリンジ発生
  • Nikonを意識したのか線はやや太目で堅実な描写
  • 嫌味がなくすっきりとした色合いで発色は良好
  • RE Topcor 58/1.4のレンズ構成を真似した復刻版だがオールドレンズらしいクセ玉感が物足りない
  • 現行フォクトレンダーで収差を楽しみたいならClassicシリーズが吉

まとめ

この描写で6万円は安いでしょう。個人的には残存収差を敢えて残したHeliar Classic 50/1.5Nokton Classic 35/1.4SCの方が好みだ。ニコンやZeissのこってりした近未来的な色ノリが個人的にちょっと苦手なので。まぁ男らしい硬派な画でかっこいいんだけどね。

筆者は、いつまでも見ていられるようなニュートラルで淡い発色で、中性的でふんわりした描写の方が好みかな。被写体にもよるけど、まぁ好みですね。と言いつつ最近はモノクロで光の陰影を捉えるのが好きなのでモノクロの諧調が豊富なライカレンズがマイブーム。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, Voigtländer, クセ玉, コシナフォクトレンダー
-, , , , , , ,