和製ズミクロン RICOH XR RIKENON(リケノン)50mm F2 のスペックやレンズ構成、レビューと作例

和製ズミクロン RICOH XR RIKENON(リケノン)50mm F2 のスペックやレンズ構成、レビューと作例

今回レビューするオールドレンズは、富岡光学がリコーにOEM提供していた和製ズミクロンRICOH XR RIKENON(リケノン)50mm F2だ。結論から言うと本レンズはライカのズミクロンには敵わないが、リケノンの解像度測定結果の数値がズミクロンに匹敵したという逸話がある。解像度だけでは判断できないし時代も違うので一概には言えないが、中々いい写りをするリケノンは玉数が多い為入手がしやすく1万円以下で購入できる安さは非常に魅力的だ。筆者もヤフオクで5000円位で入手した。では早速本題に入る。

RICOH XR RIKENON(リケノン)50mm F2 の外観レビュー

被写体はSony α7Cとリケノン50/2。撮影機材はカメラがSony α7Ⅳでレンズは富士フィルム FUJINON 55mm F1.8。外観レビュー、開放。60本位レンズを保有しているのでレンズを引っ張り出したら開放と絞りの写りの確認はしたくなる。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 を 富士フィルム FUJINON 55mm F1.8 で物撮り ブログ用

角度を変えて。F5.6かな?プラスチック鏡胴で軽いがその反面、その質感と軽さはチープに感じる。安いし。しかしズミクロンに匹敵する解像度や性能を誇る。…で、「貧者のズミクロン」の異名を持つ。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 を 富士フィルム FUJINON 55mm F1.8 で物撮り ブログ用

真正面から。開放かF2。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 を 富士フィルム FUJINON 55mm F1.8 で物撮り ブログ用

ちょい上からF8で。私はファインダーを覗かないのでα7Cみたいにファインダーを小さくして上部がフラットになったミドルクラス機種があったら重宝する。ファインダーなくてもいい。その分モニターの解像度を向上させて欲しい。あと左手でシャッター押す左利き用カメラ。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 を 富士フィルム FUJINON 55mm F1.8 で物撮り ブログ用

また角度を変えて。レンズをカメラボディに装着させた物撮りにハマりそうだよ。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 を 富士フィルム FUJINON 55mm F1.8 で物撮り ブログ用

スマホで適当に撮ったらこうなる。

リコーxrリケノン50mmf2

RICOH XR RIKENON 50mm F2とは

XR RIKENON(リケノン)50mm F2は1978年にRICOHが発売した普及価格帯の一眼レフ(フィルム)カメラ「XR500」や1980年発売の「XR1000S」などのセットレンズとして用意されたレンズで、単体でも販売されていたリコーの代表的な標準レンズである。XR RIKENON 50mm f2は幾つかのバリエーションが存在し、前期型と後期型は富岡光学製のOEMモデルとして供給されていた。それ以降のモデルは日東光学製に委託先を遷移している。マウントはペンタックスKマウント。前期型と後期型があり、前期型の方が人気。和製ズミクロンと呼ばれる一方、価格が非常に安い為、貧者のズミクロンとも呼ばれる。

RICOH XR RIKENON(リケノン)50mm F2の写りの特徴

RICOH XR RIKENON50mm F2の写りの特徴は、開放で線が細く繊細な描写ですっきりシャープに写るが合掌部の線は若干太めで絞るとさらに線が太く力強い描写になる。ゴーストやフレア、グルグルボケの発生など収差は残存し、コントラストも低めで色乗りも地味な為、高い解像度を活かしつつもオールドレンズらしい描写が可能。弱点としては諧調に乏しい為、撮影環境が限定される場合がある。これが原因で価格が高騰しないのだろう。数千円で入手可能な割に現代のレンズに近い高い解像度を見せる為コスパは非常に高い。

RICOHのXR RIKENON 50mm F2が和製ズミクロンと呼ばれる理由

XR RIKENONは非常に高性能な解像力を持っているオールドレンズで和製ズミクロン、貧者のズミクロンとも呼ばれる。その理由について簡単に解説する。まず、ズミクロンの伝説から。M型ライカの標準レンズ「ズミクロン50mm F2(第一世代)」は1959年カメラ雑誌「アサヒカメラ」の記事「ニューフェース診断室」のレンズの解像力測定で計測装置の上限値を振り切り計測不能の解像力数値を叩き出した。それから約18年程経過した1978年に発売されたXR RIKENONの解像力を測定したところ、当時のズミクロン50mm F2に匹敵する数値が計測された。これが和製ズミクロンと言われる理由であるが、20年近くも昔のレンズと比較しているのでフェアではないというのが1つと、この測定した数値の根拠は見当たらないのでリケノンが叩き出した数値の真偽は定かではない。他にもWeb上で写真を比較しているサイトも数多くあるので興味があれば検索してみるといい。リケノンは諧調に乏しくやはりズミクロン50mmF2には敵わないかなという印象だ。

RICOHのXR RIKENON 50mm F2の富岡光学製の見分け方

前期型

  • 発売年:1978年
  • 鏡胴:オール金属製
  • 最短撮影距離:45cm
  • 焦点距離表示:指標値環に有り

後期型

  • 発売年:1980年
  • 鏡胴:オールプラスチック製
  • 最短撮影距離:60cm
  • 焦点距離表示:無

前期型、後期型共にレンズ構成は5群7枚のダブルガウス型だが、鏡胴素材や最短撮影距離も違う為、構成やガラス硝材、その他に何かしらの変更があったと思われる。写りも比較すると違うだろうと推測する。

RICOH XR RIKENON(リケノン)50mm F2のスペック

  • 発売会社:RICOH
  • 焦点距離:50mm
  • 光学レンズ構成:4群6枚ダブルガウス型
  • 焦点距離:前期型45cm、後期型60cm
  • 絞り羽根:6枚
  • 絞り値:最大開放F2~最小F16
  • 最短撮影距離:前期型0.45m、後期型60cm
  • フィルター径:52mm
  • マウント:PENTAX K mount
  • 重量:前期型は205g(実測値)、後期型は170g
  • 中古相場:オークションでは1000円~1万円以下、中古カメラ屋では5000円~1万円以下

RICHO XR RIKENON 50mmF2のレンズ構成は5群7枚のダブルガウス型

参考文献:出品者のひとりごと

RICOH XR RIKENON(リケノン)50mm F2の作例レビュー

いつも通りレンズの素性を探る為に基本jpeg撮って出し。


紫ゴースト発生。逆光時コントラスト低下。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 フレアとゴースト 一軒家 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

早朝の凍った小川。こちらがシャドウとハイライトの調整を行った作例。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 凍った小川 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

線が太くゴリゴリした描写のイメージが線は細く繊細で丁寧。ひいひいじいちゃんくらいの頃まで税金は紙幣ではなく米、年貢だった。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 神社のお供え物 米と稲と酒 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

神社のほうきと玉ボケ。周囲はレモン型。環境によっては割と美しい玉ボケになりそう。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 神社のほうきと玉ボケ エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

風で揺れる紙垂(しで)。紙垂好き。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 神社の紙垂 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

ほら、やっぱり。玉ボケは中央付近は真円に近く周辺に連れてレモン型で二線ボケになることもある。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 森林 玉ボケ エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

公園で子供を待つ子供の自転車。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 公園で佇む子供の自転車 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

自転車を待たせてる子供と親。(もっといい題名つけろや)。じゃあ、「貸し切りの静かな公園で遊ぶ親子」。手前の陰になってるシャドウの奥のトーンの描き方が好き。青空の諧調も美しい。レンズの作りと価格もチープだが中々やりますよやはり。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 公園で遊ぶ親子 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

畑を守る父さんの背中が好き。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 畑仕事 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

寄るとボケが激しく暴れ回る。PKマウントのヘリコイド付きアダプター持ってないからデフォルトのマクロ端。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 畑仕事 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

「古きトタンと蔦と虹ゴースト」で「酸っぱい辛い甘い」で口の中で味が暴れてるみたいな。

Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 トタンと蔦と虹ゴースト エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

庭でおいしそうな白菜が収穫できた。今夜はごちそうだ。

 Ricoh XR REKENON 50mm F2 Revew 作例 畑の白菜 エモい画像写真 レトロ オールドレンズ

木々を見上げるのが好き。でかくて優しくて強くて心地よい。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 作例 revew 木々 エモい写真 エモい画像 レトロ

古いものが好き。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 作例 revew 古い家 エモい写真 エモい画像 レトロ

絞ると線が太く力強い描写になる。自分的にこのショットは天然のポートレート。多分二度と撮れない、こういうショット。

RICOH XR RIKENON 50mm f2 作例 revew エモい写真 エモい画像 レトロ

写りの特徴レビュー

  • 数段絞ると線が太く力強い描写になるのでポートレートは開放で撮影した方がいい
  • ゴースト発生で顕著にコントラストが低下する
  • 高解像力を求めた反動か諧調はそこそこで、それゆえシャドウがストンと落ちるので印象的な写真になる
  • 高解像度という一部に突出したレンズだが筆者が重要視している大切な描写が抜け落ちていると感じた
  • 個人的には使いづらいと感じたが悪くはない
  • 和製ズミクロンとは名前だけで描写は全くの別物
  • 富岡光学製というブランドはあるのでお好きな方はどうぞ

まとめ

リケノン50mm f2は確かに和製ズミクロンと言われるだけある堅実な写りをするオールドレンズだ。いい面も悪い面もある。筆者個人の価値観だが、筆者は写り過ぎないオールドレンズ、線が細い、滲む、個性のあるボケなどのクセ玉が好きだ。

よって、本レンズは筆者が撮影するオールドレンズのスタメンには入らない。逆に筆者とは真逆の感性の方も当然いるので本レンズの写りが気に入ったらそれは全然ありだと思う。さらに、数千円でこの描写が手に入るならオールドレンズ初心者や興味がある方は試してみる価値はあると思う。

以上でリケノン50/2のレビューを終わる。では、本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, Japan, RICOH, Tomioka(富岡光学)
-, , , , ,