Canon 35mm f1.8 LTM Review作例 キヤノンのライカLマウントおすすめ広角神オールドレンズ銘玉

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 木と鳥

Canon 35mm f1.8 LTM Review作例 キヤノンのライカLマウントおすすめ広角神オールドレンズ銘玉

Canon 35mm f1.8 LTM Review作例 キヤノンのライカLマウントおすすめ広角神オールドレンズ銘玉。レンズ構成はライカ35mmf1.4球面ズミルックスに酷似している。ズミルックスは高価なので似たレンズ構成のレンズを探していたところ本レンズに出会った。海外の評価は非常に高く「LTMでこれ以上の35mmレンズはない」との意見も複数聞かれた。筆者が試写したところ、結論、やはり球面ズミルックスがほしくなった(後に入手)。ではレビューしていく。

Canon 35mm f1.8 LTM オールドレンズ外観Review

Kern Macro Switar 50mm f1.8 ARをレンズの物撮りに使ってみたが絞ると真ん中にフレアーががっつり入ってしまい物撮りには使えないと思った。解像度はピカイチで滲みも美しいが。

Canon 35mm f1.8 LTM を Kern Macro Switar 50mm f1.8 ARでブログ用に物撮り

かなり小ぶりで軽い。

Canon 35mm f1.8 LTM を Kern Macro Switar 50mm f1.8 ARでブログ用に物撮り

完全輸出仕様のレンズなので最短撮影距離はfeet表記。3.5feetは約1.06m。全然寄れない。ナメてんのか?しかし、焦点工房のヘリコイド付きマクロアダプターを装着すると体感で20cm位まで寄れる。本当に役に立つ。

Canon 35mm f1.8 LTM を Kern Macro Switar 50mm f1.8 ARでブログ用に物撮り

いつも探し回っているのもあるが運よく安く購入できた。状態も良かった。2023年時点で中古相場は4~10万円位。

Canon 35mm f1.8 LTM を Kern Macro Switar 50mm f1.8 ARでブログ用に物撮り

すごいのよフレアーが。撮影環境は深夜で光源は蛍光灯。

Canon 35mm f1.8 LTM を Kern Macro Switar 50mm f1.8 ARでブログ用に物撮り

いや、物撮りじゃなくて花などの撮影ならいいのよ。

Canon 35mm f1.8 LTM を Kern Macro Switar 50mm f1.8 ARでブログ用に物撮り

たまらずChinon MCM Macro 55mm f1.7にスイッチ。チノンマクロ優秀なのよ。操作性もいいし。そしてこのチノンマクロ55/1.7はマクロスイター50/1.7と光学が同一と言われている。

Canon 35mm f1.8 LTM を Chinon MCM Macro 55mm f1.7 でブログ用に物撮り

当時マクロスイターに手が出ないということでチノンマクロを購入した。開放の描写はふんわり柔らかくて滲みもあり、かつピント面の芯はシャープネスで本当に優秀。いや、マクロスイター50/1.8の方が総合的にすごいけどね。それぞれ持ち味がある。はい、キャノンのレビューです。でも撮影機材の話も出るさぁ。

Canon 35mm f1.8 LTM を Chinon MCM Macro 55mm f1.7 でブログ用に物撮り

今絞り羽根の枚数を数えていて気付いたが、f5.6で縛り羽根が金平糖みたいな形状になるので金平糖ボケが出るはず。

Canon 35mm f1.8 LTMはf5.6で絞り羽根が金平糖の形状になる

Canon Lens 35mm f1.8 LTMオールドレンズのスペック

  • 発売年月:1957年(昭和32年)5月
  • 発売時価格:32,000円
  • レンズ構成:4群7枚 (Summilux 35mm f1.4 1st(球面)に似てる)
  • 絞り羽根枚数:10枚
  • 最小絞り:f22
  • 最短撮影距離:1m
  • フィルター径:40mm
  • 最大径 x 長さ:48mm x 28.2mm
  • 重量:実測値126g

Canon Lens 35mm f1.8 LTMというオールドレンズについてReview

Canon 35mm f1.8 L39(LTM=Leica thread mounting)はキャノンの隠れた銘玉。1956年4月キヤノンはキヤノンVTの重要な発売に合わせて複数のレンズを発表した。1956年4月に発売されたCanon 50mm f1.8、1956年9月に発売されたCanon 50mm  f1.2も同様。

35mm F1.8は当時実装されていた新しい構造のものだった。サテンクロム仕上げの軽量合金ボディと黒色の絞りリングを備え、当時のCanonで最も魅力的なレンズの1つだった。4群7枚のレンズ構成でフィルター径は40mm。

1956年に発売されたCanon Lens 35mmは、新しいキヤノンVTの発売に適した選択肢だった。このカメラは付属品のファインダーを必要とせず、50mmと35mmのファインダー位置を選択できる明るいファインダーが搭載されていた。

その後6年間で35mmF1.8は他の3つのCanon lens 35mmやCanon lens 28mm、25mmなどの広角レンズと競合しながら、14,796本を販売した。

参考文献:http://www.canonrangefinder.org/Canon_VT_L2.htm

Canon Lens 35mm f1.8 LTMのレンズ構成はライカ球面ズミルックスに似てる

Canon 35mm f1.8 LTMがLeicaの滲む銘玉Summilux 35mm f1.4 1stのレンズ構成と似ていると気付いた。この件について語っている人は1人もいないが、ロマンがあるではないか。

まぁ戦後当時の日本メーカーはこぞってライカに追いつけ追い越せでライカのカメラやレンズを分解して真似していたので全然不思議ではない。と思いきや球面ズミルックスの発売年は1961年で本レンズの4年後なので真似したとしたらライカがキャノンを真似したことになる。Canonはf1.5もあるので発売時期とレンズ構成が気になるところ。

厳密に言うと、この後紹介する球面ズミルックスのレンズ構成と比較するとCanon35mmf1.8は空気レンズを採用していない。

canon35mmf18optics

画像転用元:canonrangefinder.org

Leica Summilux 35mm f1.4(球面レンズのみ使用した1stと2nd)のレンズ構成Review

ご覧の通り球面ズミルックスは後群の3群目に空気レンズを採用しているが、明らかにキャノンはライカの球面ズミルックスを意識して設計したと見える。

summilux35mmf1.4-1stのレンズ構成

参考元:ライカレンズの全て不朽の名玉203

ちなみに、Serenar 35mm f3.5はElmar 35mm f3.5の忠実なコピーで、Serenar 35mm f3.2はレンズ構成を見るとSummaron 35mm f3.5のコピー。

なるほど国産ノンライツのレンズが好きで集める人は中身がライカコピーと知ってのことか。ニコンもペトリもコニカも東京光学もその他メーカーもそうだよな、知らないだけでライカのコピーレンズの山だろう。一覧にしても面白そうだ。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMオールドレンズの作例Review

撮影機材カメラはSonyのフルサイズミラーレスカメラα7Ⅳ、クリエイティブルックはNT、今回は開放オンリー。


ヘリコイド付きマクロアダプターを装着して最短撮影距離を確認。デフォルトは3.5feet(約106cm)だが、マクロアダプターのヘリコイドを繰り出すと20cm位まで寄れる。焦点工房様様。ボケはかなり特徴がある。グルグルしかけてるが四隅は外に流れる。2線ボケの傾向もある。35mmと準広角の割に特に寄った時は被写界深度浅め。イメージサークルに余裕がある気がする。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 花 flower

本来の性能を超えて1m→20cmに寄ってもかっこいい画が撮れる。そこそこ解像してる。たんぽぽの綿毛=dandelion fluff。ダンデライオン フラーフ。英語にするとかっこいい。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 たんぽぽの綿毛

モノクロもまぁまぁ。いきなり黒が潰れたりしないし、ハイライトの諧調も調和が取れている。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 モノクロ白黒 建物と手押し車

結構お気に入りの1枚。やはり開放だと四隅がかなり甘い。広角で引いて撮るなら1、2段絞った方がいいかも。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 木と青空と人 公園

木が好きなんだよね。そしてソッコー蚊に刺された。かなり急いで試写して退散したのだが。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 公園 木陰でくつろぐ人々

森林浴。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 公園 木陰でくつろぐ人々

マドモアゼルが日傘をさして。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 公園 木陰でくつろぐ人々

枯れかけのあじさいがいい味出してた。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 枯れかけたあじさい

遅咲きのあじさい。あじさいは品種により色も形も様々で見ていて楽しい。梅雨は空けたが来る日も雨で湿気も高い中、唯一心を麗してくれる素敵で貴重な存在。

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 遅咲きのあじさい

よく見る鳥さん。親鳥?と目が合って親鳥はすぐに数m飛んで「ぴ~ぃ!ぴ~ぃ!」と人間が近くにいるから注意しろと小鳥に呼び掛けるが20秒間くらいず~っと私と目が合っていた。 Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 木と鳥

まだ飛べないのかな?とか思って写真の次は動画を撮っていて撮り終えた瞬間普通に飛んだ。「飛べるんかい!じゃあ今の数十秒間なんだったんや!」

Canon Lens 35mm f1.8 LTMの作例 木と鳥

まとめ

正直、球面ズミルックスの代替品として購入したが、代替品にはならないし、球面ズミルックスは唯一無二の存在だと思う。キャノンにはキャノンの良さがあるし値段が安いので比較は難しい。

そして球面ズミルックスと是非撮り比べがしたいと思った。発売当時のSummilux 35mm f1.4を初めて使ったユーザーの評価は「壊れてる」「失敗作」「全然写らない」などクズレンズ扱いで評判は散々たるものだった。

時代が移り変わり収差も表現の一種でアートへ昇華して球面ズミルックスの評価は急上昇。多分だが球面ズミルックスの方が全然いいのだろうな。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Canon, Double Gauss, Japan, クセ玉, 滲み玉
-, , , , , , ,