FUJINON 55mm F1.8 初期型のReview作例 前期と後期の見分け方 M42

FUJINON 55mm F1.8初期型のReview作例画像17枚 スペック レンズ構成や前期と後期の見分け方

FUJINON 55mm F1.8 初期型のReview作例 前期と後期の見分け方 M42

FUJINON 55mm F1.8 初期型のReview作例 前期と後期の見分け方 M42。中古相場は数千円と激安だがノスタルジックでエモいレトロな写真が撮れるオールドレンズだ。

FUJINON 55mm F1.8 M42初期型の外観レビュー

撮影機材はα7ⅣとKodak Ektar 45mm F3.5。フジノン55/1.8は小さい割に金属鏡胴とレンズの重みがいい感じ。筆者が所有するこの個体は初期の頃なので金属製。重量の実測値は188g。

Fujinon 55mm F1.8 revew Ektar 45mm F3.5 作例

黄変してるから放射性物質を含むトリウムを使用したアトムレンズか?だとしたらよく写るしノスタルジックな描写になる。今回の撮影機材であるエクター45/3.5の写りも相当いい。

Fujinon 55mm F1.8 revew Ektar 45mm F3.5 作例

正面から。2段絞ってF5.6。

Fujinon 55mm F1.8 revew Ektar 45mm F3.5 作例

ついEktarの写りを楽しんで時を忘れた。カメラは無心になれるからいい。

Fujinon 55mm F1.8 revew Ektar 45mm F3.5 作例

黄変。このアトムレンズがいい味出す。太陽光や紫外線に数日間晒し続けると黄変が弱まるらしいが、このレンズは年月を経て黄変するのだからその写りを楽しもう。年月かけないとこの黄変は出ない。1つの価値。アトムレンズの危険性は常に肌身離さず持ち歩いていると害があるというレベルのようだ。

Fujinon 55mm F1.8 revew Ektar 45mm F3.5 作例

FUJINON 55mm F1.8 M42初期型とは

FUJINON 55mmF1.8は1970年にST701用のキットレンズとして誕生した富士フィルムの標準域レンズ。レンズ構成は4群6枚ダブルガウス型。FUJINON 55mm F1.8と言えばマルチコーティングが施されたEBCが有名であるが、今回レビューするのはマルチコーティングが施されていないモノコーティングの初期の個体だ。

モノコーティングの方が個体数が多く流通量が多い。人気があるのはEBC(Electron Beam Coating)」が施されたモデルである。こちらは生産量が少ない為か探しても中々見つからない。今回取り扱うのはノンコートで入手しやすいフジノン55mmF1.8だ。ちなみにバブルボケで有名なFUJINONは「55mm F2.2」だ。

FUJINON 55mm F1.8 M42初期型はST701用のキットレンズ

FUJINON 55mmF1.8はST701用の標準域キットレンズとして1970年に誕生した。レンズには前期と後期があり、その後、1972年にST801用の標準域キットレンズとして、富士フィルム独自のコーティングが施されたEBCが誕生した。その後、ST901用の標準キットレンズとして前期モデルと後期モデルが発売された。

FUJINON 55mm F1.8 M42初期型 コーティングありとノンコートはどちらがいい?

コーティングありとなしのレンズはどちらがいいか。結論は、どちらも長所と短所がありそれぞれ素晴らしいのでどちらとも言えない。どんな写りを求めるかによる。

コーティングが施されあらゆる収差が抑えられたレンズは解像度が高くパキっとした描写を見せるが、その反面、収差を活かした淡い表現や滲み、ゴーストやフレア、個性のある激しいボケなどが失われることもある。

諸刃の剣、作用も反作用も陰陽表裏一体である。どちらもそれぞれ良さがある為、好みや状況による使い分けをするといい。高解像度を求めるならマルチコーティングありの個体、レトロで淡い描写を楽しみたいならノンコートやシングルコートの個体。

また、例えば、11層ものマルチコーティングが施された「EBC X FUJINON 55mm F1.6 DM」はクセノタール型の限界値である絞り値F2.8を大きく超えた設計の為、様々な収差が画面の四隅まで暴れ回る。しかし、ダブルガウス型の様なピーキーさは少なく扱いやすいクセ玉だ。

参考元:古レンズの風に吹かれて

FUJINON 55mm F1.8 M42 前期と後期の見分け方

ノンコートであるFUJINON 55mm F1.8の前期と後期の見分け方は、前期型は絞り環がシルバーで後期型はブラックだ。どちらも距離環ローレットやレンズ銘板などの素材は金属製である。ちなみに筆者が所有しているのはこの前期モデルだ。

フジノン55mmF1.8初期型

st701フジノン55mmF1.8初期型

フジノン55mmF1.8中期型

st701フジノン55mmF1.8後期型

FUJINON 55mm F1.8 M42 前期(初期型)

その後、1972年にはST801用のキットレンズとして富士フィルム独自のマルチコーティングが施された初期型のEBCが誕生した。こちらは距離環ローレットはラバー製で銘板はプラスチック製である。この変化はコスト削減と軽量化目的だと推測する。

フジノンEBC55mmF1.8初期型

フジノンEBC55mmF1.8

FUJINON 55mm F1.8 M42 後期型

さらに、1974年にはST901用のキットレンズとしてマルチコーティングのEBCと、モノコーティングのフジノン55mmF1.8無冠の後期型の個体がそれぞれ発売された。共に、距離環ローレットはラバー製でレンズ銘板も共にプラスティック製である。

フジノンEBC55mmF1.8後期型Ⅰ

フジノン55mmF1.8初期型

フジノン55mmF1.8後期型Ⅱ

フジノン55mmF1.8後期型

画像転用元:出品者のひとりごと…

FUJINON 55mm F1.8 M42前期型のスペック

FUJINON 55mm F1.8 のスペック。

  • 焦点距離:55mm
  • 光学レンズ構成:4群6枚ダブルガウス型
  • マウント:M42
  • 最小絞り値:F16
  • 最短撮影距離:0.45m
  • 絞り羽根枚数:6枚
  • フィルター径:49mm
  • 重量:188g(実測値)

FUJINON 55mm F1.8 M42前期型のレンズ構成

FUJINON 55mm F1.8 のレンズ構成(エレメント)は4群6枚のダブルガウス型。1897年に発明されたレンズ構成ダブルガウス型は本来左右対称なので左右対称を崩した時点で厳密に言うとダブルガウスではないと思う。初期のPlanarは完全対象型4群6枚ダブルガウスで徐々に進化した。ただ、4群6枚は本来のダブルガウスのエレメントなので昔のダブルガウス型オールドレンズに近い写りをするのではないかと期待が高まる。

FUJINON 55mm F1.8のレンズ構成図

FUJINON 55mm F1.8 4群6枚ダブルガウス型 レンズ構成 エレメント

画像転用元:出品者のひとりごと・・

FUJINON 55mm F1.8 M42前期型の購入経路と購入した動機

2021年12月にヤフオクで約6000円で購入。本当はクセノタール型のEBC X FUJINON 55mm F1.6が欲しかったが中々見つからなかったので明るいF1.8で初期型のノンコートでレトロな描写を期待て購入した。金属製で小さい割にズシっと重みがあり高級感を感じる。ボディ側に重心があるようで装着した時は188gという重量よりさらに軽く感じる。もちろんマウントアダプターの重量も入るが。別にもったいぶってはいないが作例に入る。

FUJINON 55mm F1.8のエモい作例画像jpeg撮って出し 個人ブログ

撮影機材のカメラはSony α7C 。いつも通りレンズの素性を探る為、クリエイティブスタイルは基本NTかモノクロで未加工jpeg撮って出し。エモい…。周辺減光もいい味。周辺はやや甘い。昭和レトロでノスタルジック。f5.6。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景 女性 人物 後ろ姿 レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

年月を重ね時代を重ねてきたものに風情や情緒を感じる。江戸っ子かよ。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景 ポスト レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

映画のワンシーンのようなドラマチックな雰囲気の1枚。お気に入り。モノクロ現像してもよかった。入水するのかと思う程エグいドラマチックな雰囲気出てる。ドキッとする。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景 女性 人物 後ろ姿 レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

この写真は春なのに秋から冬にかけてみたいな雰囲気が好き。シャドウは敢えて持ち上げていない。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 公園 風景 レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

菜の花と戯れる蜜蜂さん。ヘリコイドアダプター装着して寄るとピントはシビアになるがかなりボケる。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 菜の花 春 蜜蜂 風景 レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

頭のてっぺんから足の指先まで花粉にまみれて菜の花を抱きしめて花の蜜を吸う蜜蜂さんに胸キュン。蜜蜂が必死に巣に集めたハチミツを人間が強奪して金儲けの為に売るんだもんな、人間って残酷だよな(僧侶か)。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 菜の花 春 蜜蜂 風景 レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

カラーコーンから生えていたその辺でよく見かける植物。たくましい。後ボケが凄まじい。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景 レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

ノスタルジックというかレトロというかエモいというか。 周辺部のざわつく収差が好き。やはり4群6枚のダブルガウスは繊細で好き。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景 家 建物 昭和レトロ エモい写真が撮れるオールドレンズ

モノクロの方がエモいかな。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景 家 建物 昭和レトロ モノクロ 白黒 エモい写真が撮れるオールドレンズ

時代を見まがうような写真が好き。洗濯物の長袖が逆さで万歳してるのがかわいい。脇のところ乾きにくいからね。頭いいなこの家の人。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 春 桜 家 建物 風景 レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

桜の絨毯がいい。てかモデルルームになるぞこのお屋敷。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 春 桜 家 建物 風景 レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

ざわつきと滲みがいい。桜や草木のざわつきや滲みも塀の潰れ切らないシャドウも家屋やカーテンの滲みも周辺減光がわかる青空も画面に広がる色合いのコントラストもいい。目に飛び込む情報が多すぎるかもしれないが水彩画でキャンバスに描きたい構図。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 春 桜 家 建物 風景 レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

トンネルを歩く熟年夫婦。トンネルの冷たくひんやりしたコンクリートの質感が伝わってくるようだ。ハイライトが飛びきらずシャドウの連なりもいい。快調の連なりなどが確認しやすい一枚。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景 人物 後ろ姿 夫婦 レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

何気に好きな1枚。歩道橋高架下。コンクリートの劣化で時間軸と静けさを感じる。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 風景トンネル コンクリート レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

木蓮(モクレン)。花びらのツヤや質感が伝わる。立体感もある。この花びらをお酒に漬けて飲んだらうまいかな。そういう漢方酒あるよね。種は梅酒とか杏露酒とか有名だけど金木犀や桜など花びらを漬けたお酒もおいしいし薬膳効果もある。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 春 花 木蓮 風景 レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

ヘアーサロンの看板。画面全体がくすんだ感じがいい。トリウムの黄変の恩恵か。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 看板 レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

落ちた花びら。まだ元気な雄蕊の儚さが情緒ある。盛者必衰の理をあらわす。源氏と平家かよ。発色が鮮やかなのでこの写真はボディ内の設定でクリエイティブスタイルをLand(風景)に設定しているかもしれない。

Fujinon 55mm F1.8 revew 作例画像 春 花 風景 レトロでエモい写真が撮れるオールドレンズ

作例は以上。

FUJINON 55mm F1.8 M42前期型のの写りの特徴レビュー感想

数千円で購入できるし玉数も多いので希少感はないが、かなりいいレンズだと感じた。4群6枚の古典的、典型的なダブルガウス型という筆者好みのエレメントではある。とは言ってもどんなレンズでも持ち味があるので、そのレンズがどんな描写してくれるか試写して自宅で写りを確認してセレクトして…とレンズと戯れている時間が好き。

だから極論どんなレンズでも楽しめるしレンズの持ち味を引き出せばそれなりにいい写真が撮れる。あまり調べずにオークションなどで数千円で購入したオールドレンズや中古カメラ屋のジャンクコーナーで遊びで購入したレンズが意外といい写りをするとそれだけで楽しいし、設計者やレンズ構成などを調べてみると「なるほど」と納得することもある。

本レンズはオークションなどで数千円で購入可能。また、11層のコーティングを施したEBCも見つかれば試したいが、筆者は割とノンコートやシングルコートの古めかしいレトロな描写が好きだ。もちろんマルチコーティングのオールドレンズも所有している。

まとめ

フジノン55/1.8はフィルムライクでノスタルジーな古典ダブルガウスっぽい描写がレトロで素敵なオールドレンズ。ド派手なゴーストがバンバン出る訳でもない為、構図やシチュエーション、タイミングに集中できるので個人的には使いやすかった。

うっすら滲み、画面全体のほんのりフレア、全体の発色が薄く濁る感じ、大きくとろけるボケ、状況によりボケが崩壊、二線ボケも発生する。様々な収差が楽しめてこれで5000円は激安、コスパは非常に高いと思う。レンズが被写体を呼ぶこともあると思う。

今回のレビューは以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, FUJIFILM, Japan, クセ玉, 滲み玉
-, , , , , , ,