Leica Summaron 35mm F3.5 Review作例 ライカ戦後初のオールドレンズ サンハンズマロン

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 レモン社新宿ビル エモい写真画像 ブログ

Leica Summaron 35mm F3.5 Review作例 ライカ戦後初のオールドレンズ サンハンズマロン

Leica Summaron 35mm F3.5 Review作例 ライカ戦後初のオールドレンズ サンハンズマロンの愛称で親しまれる本レンズはライカの中では入手しやすい価格帯で鏡胴は小さく重量も軽くスナップに最適なおすすめ準広角オールドレンズだ。また、かなり古いオールドレンズは同じ銘板のレンズでも個体差が大きく、個体によって写りが違うので自分だけのオンリーワンのお気に入りのレンズを探すのも楽しみの一つだ。

ライカ Summaron 35mm f3.5レンズ外観

撮影機材カメラはSony α7Ⅳ、レンズはMeyer Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8。


とりあえずわかりやすく絞ってF8で。絞るなら現行レンズの方がいいのだが現行レンズはSony 20mm f1.8Gとタムロン 28-200mm f2.8-5.6 (HA036)以外売却したので。というか物撮りでレンズを触って動かして循環していかないと。御覧の通り超コンパクト。α7cはAPS-Cのα6600と同じくらい小さいフルサイズ。昔の沈胴ライカのオールドレンズとか国産ノンライツとか、まぁよく似合う。

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

撮影機材のメイヤーは高級路線で品質の高いレンズを供給していたが、Carl Zeiss傘下のPentaconに吸収合併された後、1960年代後半からレンズの品質が劣化した。オレストンは品質が劣化する直前または劣化のし始め時期に生産されたレンズだが、当時の評価は可もなく不可もなく。オレストンは大量生産されたモデルで、同社のDomironの方が力を入れて作られていた。

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

なんせ寄れる。ヘリコイドアダプター装着してるが元々最短撮影距離は30cm台。前期と後期で最短撮影距離は多少違う。

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

開放時の物撮りは花を撮ってる気分。

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

レンズって企業による工業製品なんだなぁとヒシヒシと。ライカのレンズは戦争の軍需用品として国家に収めていたし。戦後もアメリカに。

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

レンズの縁にピントを合わせた。その作りの精工なこと。工芸品に近い。

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

こうやって見るとかっこいい。小さい割にずっしりとガラスの塊の重さがある。

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

ちょっとアングル変えて見上げてみた。これからも宜しく、準広角の相棒。被写体がサンハンズマロンで撮ってる機材はオレストンよ(笑)

ライカ Summaron 35mm f3.5 を Meyer Oreston 50mm f1.8 で 物撮りブログ用 メイヤー オレストン サンハンズマロン 作例 レビュー 描写 特徴 ブログ

サンハンズマロンとは

サンハンズマロンは戦後にライカが最初に手掛けたレンズで1949年から本格的に製造された。1946~1956年が前期で1956~1960年が後期。現代レンズにはない柔らかさと地味だがしっかりとした描写、逆光に弱くゴーストも楽しめる。筆者が保有する本レンズは複数本撮り比べをして円環の虹ゴーストが美しく時に何重にも重なる個体を選んだ。敢えてカビ跡ありを選んだが、カビは時に結構いい仕事をするのだ。6~8万本製造された。ライカの中では安価に入手可能なレンズ。

サンハンズマロンを購入した中古カメラ屋はマップカメラ

マップカメラにて購入。周辺減光あり、描写の特徴は地味だが堅実で当時にしては歪曲収差は少なく円環の虹ゴーストが美しい。シリアルナンバーは1227429で1954年製。筆者は古いレンズの方が好きなので戦前モデルを狙っていたが、複数個体があり4つのレンズで撮り比べをしたらカビ跡ありで4本の中では一番新しく最初に選考から外れると思われたレンズがきれいな円環ゴーストが複数発生したので購入。やはり適度にレンズに問題がある方がいい写りする場合がある。カビ、くもり、キズなど。あえてカビを培養したりレンズにワセリンを塗って使用する強者もいる。

カビ跡を無視してむしろ敢えてカビレンズを選ぶ選択肢もある

筆者はスーパータクマー55mmF1.8の前期2本と後期1本を保有していて撮り比べをしたことがあるが、カビありの個体で撮影した写真が、全体がほんのり白くぼやけてノスタルジックな写りになってゴーストも美しく「チクショウ…」と呟いた。皆さんも同じ個体でクリアなレンズと多少問題があるレンズを撮り比べたら面白い結果が出るかもしれないので是非試して欲しい。

カビは他のうつることがあるので別で保管するといい。または部屋をよく換気して湿度が60%を超えないように除湿器などで部屋の湿度管理をするとカビが増殖しにくくなるのでおすすめだ。

実は簡易的な防湿庫は湿度が40%になるまでに1週間かかる。なので頻繁に撮影したりレンズを見たり触ったりするタイプの人は防湿庫に入れない方が良い。筆者も防湿庫に入れずに風通しのいい場所にレンズを置いてレンズの周辺に適当に除湿剤やカビ防止剤を置いている。

部屋は換気をこまめにして湿度管理も行っている。機械式ですぐに湿度が下がる防湿庫を使用するならそれが一番いいかもしれないが、高価で重くて音がするし場所を取るし電気代もかかるので今のところ必要ないと思っている。

Summaron 35mm F3.5の作例と描写の特徴のレビュー

新宿西口都会ド真ん中の地下へ通じる出入口。午前10時45分頃、蕎麦を食べてから中古カメラ屋に向かおうという道中。通りすがりにふと階段を見ると誰もいない。不思議な感覚を覚えてシャッターを切る。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 新宿地下鉄階段 エモい写真画像 ブログ

割とお世話になってるレモン社新宿のテナントが入っているビル。見上げたら曇り空と街頭がいい雰囲気だったのでシャッターを切る。中間調が豊富でトーンで勝負できる準広角のオールドレンズは貴重だ。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 レモン社新宿ビル エモい写真画像 ブログ

小学校の校舎と桜と虹ゴースト。サンハンズマロンも個体によりこの様に何重にも連なる美しい円環ゴーストが発生する。この場合のポイントはカビ跡。くもりやレンズのキズも滲みやゴースト、シルクのカーテンがかかった様なノスタルジックな描写になることがあるので、ただダメージがないオールドレンズを選ぶのではなく、その写りが気に入ったかどうかで判断するといい。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 学校の桜と虹ゴースト エモい写真画像 ブログ

遠くに見える山。日本の山は本当に美しい。心からそう思う。それだけで幸せ。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 遠くに見える日本の山 エモい写真画像 ブログ

ヘリコイド付きアダプターを装着してマクロ端で撮影するとこんな感じ。元々の最短撮影距離は1mなので50cm位まで寄れる。マクロ級の機動力はないがスナップでは充分楽しめる。35mm、F3.5というスペックの為ボケはやや硬め。不自然な立体感はなぜ?

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 花 エモい写真画像 ブログ

クリエイティブルックはFL。絵画ではなく写真。ボディ内設定でほぼjpeg撮って出し。にしてはエモすぎる。青梅駅前の「まちの駅」という名のお土産屋さん。厳密にはまちの駅ではない個人が営む商店だ。不思議な画が撮れた。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 レトロなまちの駅青梅 エモい写真画像 ブログ

青梅の住吉神社の階段。先人たちもこの階段を登ってきたのだろうと思うと感慨深い。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 住吉神社 エモい写真画像 ブログ

青梅の住吉神社本殿。この風格。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 青梅住吉神社本殿 エモい写真画像 ブログ

青梅は古い建造物が残るレトロな街並み。サンハンズマロンとモノクロが冴え渡るスポットだ。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 青梅のレトロな街並み 白黒 エモい写真画像 ブログ

昭和のレトロなオートバイ。美しすぎて寒気する。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 昭和のレトロなオートバイ 白黒 エモい写真画像 ブログ

この柔らかい描写。ハイスペックの高速レンズで大きなボケだけがレンズの良さじゃないって教えてくれる。自分がその時に感じた感性をなるべくそのまま出してくれるレンズが撮り手にとっていいレンズだと思う。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 青梅のレトロな街並み エモい写真画像 ブログ

さらにモノクロで際立つ。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 青梅のレトロな街並み 白黒 エモい写真画像 ブログ

さすがに花は苦手か。

玉ボケの周辺がレモンになりグルグルの兆候が見られる。今度このレンズで玉ボケとグルグルがどこまで出せるか挑戦してみよう。

この柔らかい描写と周辺が自然にほんのりざわっとボケる感じが絶妙。青梅ってすごい。街自体が絵画的。街自体遺産だなこれ。新しい建物をこれ以上増やさないでほしい。

青梅唯一の映画館シネマネコ。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 青梅シネマネコ 映画館 エモい写真画像 ブログ

アーティストのお庭。もうね、芸術が爆発し過ぎてる。伝えたいことがなんとなくわかる。ちょっと口に出しては言えないことなどもこうやって表現するんだな。アートって素敵。

祭りの踊りの練習をマジモードで行う近所のオババたちを少し離れて黙って見守る子供たち。

パン屋さん。ね、街全体がかわいいのよ。そして戦後直後のこのレンズがいい感じに撮ってくれる。「グート」ってどういう意味だろう?お腹が「グ~」っと鳴る的な意味かな?そ、それだ!

やっぱ好きだなこのレンズ。後に購入したElmar 35mm F3.5と撮り比べしたい。

新緑木々とゴースト。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 春の新緑と虹ゴースト エモい写真画像 ブログ

青もみじ。

小学校と桜の花が散った後。桜の木の緑も好き。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 春の新緑 エモい写真画像 ブログ

ほら美しい。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 学校の桜の木 エモい写真画像 ブログ

街全体がモニュメント。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 雨上がり エモい写真画像 ブログ

みかんと梅の木。後ボケやっぱりグルグルしかけてる。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 みかんと梅の木 春の訪れ エモい写真画像 ブログ

チューリップをモノクロで。エグい。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 白黒モノクロ チューリップ エモい写真画像 ブログ

カラーの発色もいい時がある。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 春爛漫チューリップ エモい写真画像 ブログ

木々と青空と雲。それだけで美しい。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 春の訪れを告げる新緑 エモい写真画像 ブログ

藤の花。生きていて幸せだ。ただ何気ない日常が一番の幸せで一番の贅沢かもしれない。父さん母さんに感謝しよう。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 春の訪れを告げる美しい藤の花 エモい写真画像 ブログ

きれいだなぁ。そう思える君の心がきれいだよ。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 春の訪れを告げる美しい草花 エモい写真画像 ブログ

素敵なガーデニング、職人。素敵な感性だなぁ。レンズの写りがどうとか、自分は小さい人間かもしれない。とかふと思ったり。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 春の訪れを告げる美しい草花ガーデニング エモい写真画像 ブログ

でもそのおかげでこうやって素敵なエモい写真が撮れるカメラとレンズにも感謝。

Leica(Leitz) Summaron 35mm F3.5 Lマウント 描写の特徴とレビュー作例 モノクロ戸建て住宅 エモい写真画像 ブログ

作例は以上。

まとめ

サンハンズマロンはよき。ほのかな滲みと柔らかい雰囲気の淡い描写。歪曲は若干ありだが今から70年前のレンズにしては優秀。サンハンズマロンは35mmという広角でもあるし大きいボケがどうとかより、その場の雰囲気や情緒や風情などの感性を切り取れるレンズだ。写りはデッサンや水彩画に近い感じ。小さくて軽くてエモいノスタルジックな描写をすると感じた。今回の作例を見ていいなと思ったらズマロンを検討する参考にしてみるといい。今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, Germany, Leitz(Leica), パンケーキレンズ
-, , , , , , , , , , , ,