Oreston 50mm F1.8後期M42 Review作例 Meyer-Optik銘玉おすすめマクロ神オールドレンズ

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 薔薇 rose シャボン玉バブルボケ soup bokeh monster

Oreston 50mm F1.8後期M42 Review作例 Meyer-Optik銘玉おすすめマクロ神オールドレンズ

Oreston 50mm F1.8後期M42 Review作例 Meyer-Optik銘玉おすすめマクロ神オールドレンズ。Oreston(オレストン)は4群6枚対象型ダブルガウスでMeyer社が残した最後のダブルガウス型オールドレンズだ。Meyer初のダブルガウスはDomiron 50mm f2。Meyerの標準レンズ最後の軌跡はDomiron→Primoplan→Oreston。マクロレンズという概念がまだなかった頃だがDomiron同様マクロ域の撮影に強く最短撮影距離は0.33mだ。初めからマクロレンズとして売り出せばどちらももっと売れてロングセラーになったのではないかという意見もある。

Meyer-Optik Görlitz(メイヤー オプティック ゴルリッツ)のOreston 50mm F1.8 M42とは

旧東ドイツのMeyer-Optik GörlitzはCarl Zeiss財団傘下のPentaconに吸収合併された。そう、メイヤー社製のOreston 50mm F1.8はCarl Zeiss Jena傘下Pentacon人民公社が製造していたPentacon 50mm F1.8の前身なのだ。Pentacon 50mm F1.8はメイヤーのOreston 50mm F1.8をベースにORESTONからPENTACONにレンズ名を変更して、ペンタコン人民公社が自社のペンタコンブランドとして販売した、言わば後継モデル。数年後にマルチコーティングが施されて性能は向上した。マルチコートのタイミングで光学の設計やレンズ構成も変更されているので古き良きダブルガウスの描写を堪能したいならオレストン。

Meyer-Optik Gorlitzのオールドレンズはボケに特徴がある

Meyer Optik Gorlitzのレンズはボケに特徴があるモデルが多い。PentaconPraktikar銘のPraktikar50/2.4MCも中身はMeyerでBokeh Monsterなどとも呼ばれるOrestor135mm f2.8もMeyer。Primoplan58mmF1.9VDomiron50mmF2もボケに特徴があり近年人気が高く中古相場も高騰している。OrestonはMeyerがPentaconに吸収合併される直前1960年代中盤以降に生産されたレンズということもあり、品質が劣化し始めた頃の製品。しかし写りは素朴でボケモンスターという程でもなくマクロ域にも強く扱いやすいオールドレンズだと筆者は感じている。

ちなみにOrestonの後継モデルであるPentacon 50mm f1.8 MCはオールドレンズフォトグラファー上野由日路氏が、最初に購入するオールドレンズとしてワークショップなどでもおすすめしている、安くてオールドレンズテイスト満載で人気が高いレンズだ。本記事でレビューしているノンコートのオレストンとPentacon 50mm f1.8MCはレンズ構成や写りは若干違う。初期のPentacon 50mm f1.8は後期のOrestonの銘板を変えただけなので中身が全く同一の個体もある。

高級路線で品質の高いレンズが人気だったMeyerの品質や性能の低下と衰退

1960年代のメイヤー社のレンズは品質が低下していった時期でもある。この時期に発売された3群3枚構成トリプレット型のDoimiplanはゴミプランなどと揶揄された。しかし、実はドミプランは悪評程作りは悪くないし写りもそれ程悪くもない。当時の米国のモダンフォトグラフィー誌によるとオレストンの評価は標準的だったようだ。Carl Zeissはドイツの様々なカメラレンズメーカーの吸収合併を繰り返して超巨大化して生き残った複合企業。オレストン50/1.8は数千円で購入できる格安オールドレンズだがマクロ域にも強く左右対称型の元祖ダブルガウスの繊細で収差が残った描写が楽しめ、メイヤーが得意とするバブルボケ シャボン玉ボケも発生する。

Meyer-Optikは今もCarl Zeissの中で生きている

Meyer-OptikはCarl Zeiss財団傘下のPentaconに吸収合併されたが、要するにツァイスにメイヤーの人材もノウハウも吸収されたということなので、メイヤーイズムは消滅した訳ではなく、融合と考えることもできる。現にオレストンはペンタコンと名称を変えて存続したのだから。ペンタコン50/1.8はメイヤーの良さをカールツァイスが引き継ぎ融合した銘玉であるし、その前身でオリジナルであるオレストンにロマンを感じる。よって、筆者はペンタコン50/1.8ではなく元祖のオレストン50/1.8を購入した。ただし、当然マルチコーティングが施されたPentacon 50mm f1.8も当然興味があるのでこちらはモデル違いを2つ購入した(沼)。

Oreston 50mm F1.8 後期型M42のスペック

  • 製造メーカー:Meyer-Optik Gorlitz
  • マウント:M42
  • 絞り値:f1.8~f16
  • 絞り羽根枚数:6枚
  • 最短撮影距離:0.33m
  • フィルター径:49mm
  • 重量:216g
  • 中古相場:1万円~2万円

Oreston 50mm F1.8 後期型M42オールドレンズ外観Review

前期より1周り小さい。

Oreston 50mm F1.8の外観 Meyer Optik Gorlitz

写りは前期の方がDomironっぽさが残っていて好きだが操作性や携帯性を考慮するとこちらの後期型の方がいい。

Oreston 50mm F1.8の外観 Meyer Optik Gorlitz

M42は用途によって選べるマウントアダプターが強い。

Oreston 50mm F1.8の外観 Meyer Optik Gorlitz

Oreston 50mm F1.8の外観 Meyer Optik Gorlitz

最短撮影距離0.33m。MeyerといいZeiss Jenaといい寄れるレンズが多い。

Oreston 50mm F1.8の外観 Meyer Optik Gorlitz

 

Oreston 50mm F1.8 後期M42の作例Review

撮影機材はSony α7Ⅳ。いつも通りレンズの素性を探る為、基本jpeg撮って出し。


この描写。絶対に現代の最新技術を駆使したレンズでは表現できない世界観だ。素朴でいい。で、ピントが合っていないのは撮影一発目でオーバーインフだと気付いたのがこの写真。だからピントが無限の向こう側へいっている。ただ、これはこれで好きだったので作例として掲載した。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 羽村 エモい写真画像 無料 フリー 日本 田舎 素朴 風景

菊科アラゲハンゴンソウ(学名:Rudbeckia hir)。絵画的

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 ひまわり

ブドウ科ヤブガラシ属 藪枯らし(Cayratia japonica)、雑草。Orestonは最短33cmまで寄れる。ヘリコイド付きマクロアダプターを装着しているのでさらに寄れる。柔らかくまろやかな描写。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 花

モチノキ科モチノキ属の落葉低木 学名:llexserrata 和名は梅擬き。名前の由来は葉の形が梅に似ていることから。オレストンはマクロレンズとして販売すればもっと売れたと言われているが、当時「マクロレンズ」という概念は認知されていなかったのかもしれないし、そもそもマクロに強いレンズはカメラマンから求められていなかったのかもしれない。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 花

発色は地味で好み。ガチガチシャープネス高コントラスト高発色が苦手。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 花

この天然の滲みがたまらない。このレンズ以降のメイヤーは品質が低下してCarl Zeiss傘下のPentaconに吸収合併されてしまった。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 花

絞っても味がある。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 花

昭和レトロな豆腐屋さん。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 田舎 素朴 風景 昭和レトロ 豆腐屋

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 花

夏だというのに枯れた草花に栄枯盛衰を感じる。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 花

ピント面のレンガの質感と発色が丁度いい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 田舎 素朴 建物 風景 昭和レトロ

ただ空が青い、木々の緑が美しい、太陽が眩しい、それだけで幸せ。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ 木 葉 青空

別世界へタイムリープしたような感覚に陥ることがある。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ

ひまわりが喜んでいる。美しい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 ひまわり 風景 昭和レトロ

薔薇。NT。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 薔薇

SH。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 薔薇

モノクロ。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 薔薇 白黒 モノクロ

背景ボケはひまわり。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花

マクロ域も強いメイヤー。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花

父の背中を思い出す。泣ける。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 自然 風景 昭和レトロ

ピント面の花の滲みが美しい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花

ただ咲いている。種子を残し必死に生きている。人間もただ必死に生きてただ必死に子孫を残す。植物も人間も同じ生命体。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花

松の木の幹の力強さ。グルグルボケの兆候あり。玉ボケ大量発生。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 松の木 グルグルボケ

同じ構図でもピントを合わせる位置によって印象やボケ方が全く変わる。写真に正解はない。その答えは永遠に出ない。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 松 木

日本は美しい。この美しい日本の土地を守り子孫に紡ぎたい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 松 寺 木

芸術。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 松 木

つらいこともある。それでも生きていく。答えはなくてもいい。ご先祖様が必死に紡いできた命を全うする。それが使命。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 松 木

気が付くと神社や寺院に辿り着く。いつもそう。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 松 寺院 木

こうやって写真を撮ることも自分よがりのエゴなのかもしれない。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花

美しいものを見て画像として記録する、お堅く言えばそれだけ。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花

美しいものを見たい。感じたい。地球を、歴史を感じたい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

瓦が美しい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺 瓦

屋根の下側のゼブラ柄がドイツのオールドレンズのデザインのゼブラ柄に見える件。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

写り過ぎないところがいい。周辺の結像が甘いところがたまらない。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

敢えてシャドウを持ち上げきらない。見えないが見える。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

観音像。背景グルグルボケの兆候あり。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院 如来像

SH。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院 如来像

花が美しい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花

モノクロもよき。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 花 モノクロ 白黒

いい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

気が付くと神社仏閣に吸い込まれる。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

構図が羅生門みたい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

観音像の後ろ姿もいい。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院 如来像

錦鯉。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 錦鯉 池 湧き水 癒し

山と大地でろ過されてミネラルをたっぷり含んでおいしそうなまろやかな湧き水。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 湧き水 草花

牧歌的。

Meyer-Optik Gorlitz Oreston 50mm f1.8 revew 作例 エモい写真画像 無料 フリー 日本 風景 寺院

作例は以上。

Oreston 50mm f1.8写りの特徴感想レビュー

  • マクロが強い
  • 単層コートなので発色は地味で穏やか
  • 滲みが美しい
  • ドレスデンっぽい全体的に濁ったような描写がレトロさを演出
  • モノクロがいい
  • 開放ではピント面はシャープだが周辺部はかなり甘い
  • 線は細くピント面は鉛筆で輪郭を描いた水彩画のような繊細なタッチ
  • ヘリコイドアダプターを装着して接写するとピント面は繊細に、ボケは崩壊して激しいギャップが堪能できる
  • ボケはグルグル、ざわつき、二線など古き良き時代のメイヤーらしいボケ表現が秀逸
  • 草花と相性がいい

まとめ

Orestonは作りが精工なDomironやPrimoplanなどと比べるとスペックダウン感は否めないが2万円以下で入手できるのでコストパフォーマンスは高い。Meyerが吸収合併される直前~吸収合併された直後のある意味Meyerの怨念が込められた最後のレンズ(DomiplanやOrestorなども)とも言える。Oreston 50mm F1.8は安い割にオールドレンズ的にエモくよく写る。

レンズ構成が古典的なダブルガウス型でちょうどいい塩梅の絶妙な収差がたまらない。高級レンズでは出せない味というか。オレストンにも前期と後期があり、それも入り混ぜて後継モデルのペンタコン50/1.8と撮り比べても面白い。

ちなみに筆者が所有しているOrestonは後期型で前期型のOrestonも入手したので撮り比べが楽しみだ。MCのPentaconも2本入手した。間違いないこれがだ。今回のレビューは以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, Germany, Hugo Meyer Optik Görlitz, クセ玉, マクロレンズ, 滲み玉
-, , , , , , , , , , ,