TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272E レビュー作例 タムキュー等倍マクロオールドレンズ

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272E レビュー作例 タムキュー等倍マクロオールドレンズ

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272E レビュー作例 タムキュー等倍マクロオールドレンズ。筆者は基本スチルはMFオンリーなのでマクロレンズだろうがMFが好きだ。むしろマクロこそMFの方がピントを合わせやすいし前ボケも作りやすい。そして、現行とオールドの中間の本レンズ、タムロン272Eは写りの割に格安でコスパが高くてしかも軽いのでかなりお気に入りの90mmマクロレンズだ。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272E タムキューとは

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eはタムロンが販売する(現在は生産終了)90mmの等倍撮影が可能な本格的なマクロレンズ、通称タムキュー。現在でも愛用するプロカメラマンもいる。防水防塵で堅牢、写りは高解像度でとろけるクリーミーなボケ、浅い被写界深度により引き立つ被写体。筆者が所有している個体はPentaxマウントなのでSonyEマウントに変換して使用している。よって電子接点がボディと接触しない為MFオンリーで使用している。

272Eと他のタムキューとの違い 52B 52BB

タムキューは初代タムキュー52B2代目タムキュー52BBの試写レビューも行っている。それぞれ写りの持ち味が違って面白い。また撮り比べ記事も書きたい。52Bはふんわりやわらかくマクロも撮れるポートレートレンズという謳い文句通り、第一にポートレートでマクロは付加価値として添えられた通りの写りだが、マクロの描写も侮れない。二代目の52BBはさらにマクロに特化して設計されたので、ポートレートに使用するとボケがやや硬く感じられるかもしれない。どちらの描写も個性があり面白い。

272Eタムキューはプロカメラマンも愛用するおすすめオールドマクロレンズ

2004年に発売された本レンズは10年位前までバリバリ現役だったレンズで、発売からまだ20年程しか経過していないのでオールドレンズと呼べるかわからない。そして写りも非常に近代的で2023年現在でも第一線で活躍できるマクロレンズだと思う。実際に現在でも272Eを愛用しているプロカメラマンやハイアマチュアカメラマンも多数いるらしい。

272Eタムキューは中古価格1万円台と激安のコスパ最強オールドマクロレンズ

中古価格は中古カメラ屋でも1.5万円~2万円前後で入手可能。レンズ本体の重量は実測値で396gと大変軽い。フードとアダプター装着して595g。A7Ⅳに装着して合計1280g。今確認したらSonyのSEL90M28Gが602gなので結局そんなに変わらないか…。

272Eタムキューはハイスペック高性能おすすめオールドマクロレンズ

「本格的なマクロ撮影がしたいけど現行の90mmマクロレンズは重いし高価だから手が出ない…。それに使用頻度が低かったらもったいない…。」などと迷っている方は是非272Eを選択肢に入れてみて欲しい。

MFに抵抗がないのであれば1万円台前半で購入できる本レンズは「軽い、安い、高描写」3拍子揃ったコスパが非常に高い優れたオールドレンズだ。オールドと現行の中間的位置付けでフレアーやゴーストも発生しにくいので快適なマクロ撮影が可能だ。

ちなみにヘリコイド付きマクロアダプターがなくても90mmの等倍マクロなのでしっかりバッチリ寄れる。ちなみに、オールドレンズやマクロレンズ初心者だけでなく、プロカメラマンやハイアマチュア、カメラ愛好家にとっても非常に信頼性の高い選択肢だ。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eのレンズ構成とスペック

272Eのスペック

  • 焦点距離:90mm
  • マウント:PKマウント(ニコンF,ソニーE,キャノンEFなど)
  • 最大口径比:F2.8
  • 最小口径比:F32
  • レンズ構成:11群14枚(特殊レンズ1枚)
  • 絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:約30cm
  • 最大撮影倍率:1:1
  • フィルターサイズ:62mm
  • 画角:27°
  • 最大径×全長:73mm×97mm
  • 重量: 実測値396g

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eのレンズの外観Review

企業努力でレンズは見た目よりメチャ軽い。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eのレンズの外観

FULLとLIMITの切り替えでマクロ撮影に集中できる。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eのレンズの外観

写真撮るの忘れたがフードは外付けタイプ。マクロ撮影で夢中になっていると被写体に寄り過ぎてレンズに触れてしまうことがあるので、筆者のようにフィルター装着しない派のフォトグラファーはハレ切りが目的ではなくてもフードを装着して撮影した方がいい。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eのレンズの外観

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eの作例Review

撮影機材カメラはSonyのフルサイズミラーレスカメラα7Ⅳ。jpeg撮って出し。ご覧の通り開放時マクロ側で四隅が若干蹴られる。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

やはりボケが大きい。そして高描写。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

この画像はマクロ端で撮影。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

マクロで幸福を感じた。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

小さめの軽い3脚が欲しくなった(一応あるけど少し大きい)。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

272Eは手振れ補正がないがボディ内手振れ補正があるのでなんとかなる。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

90mmの等倍マクロレンズを使うことはほとんどないが、エグい。現行の状態がいい90mmマクロもう1本欲しいと思った。非常に面白い。

TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 272E レビュー作例 タムキューマクロオールドレンズ 花 flower

まとめ

タムキュー272Eを久々に持ち出したら一目惚れし直した。出番が増えるだろう。マクロはどうせMFで薄いピント面を合わせにいくのでAF不要だと思っていたが、AFで済む場面はAF機能があると非常に楽だと気付いた。とかいって結局AF使わないんだろうな。ピントを合わせる行為が好きというかピントを手動で合わせることは儀式だと思ってる。

このように、TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272Eは優れたマクロ性能とクリエイティブな撮影体験を追求するカメラ愛好家やプロフェッショナルにとって理想的な選択肢の1つだ。中古価格が安いからと言って侮るなかれ。写りを見よ。

本レンズは驚異的な解像度と優れた光学性能に加え、マクロ撮影以外のシーンでも優れたパフォーマンスを発揮する。防水防塵の堅牢な設計と多機能性により幅広い撮影ニーズに応えることができる「TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 272E」は、写真愛好家にとって欠かせないレンズであると言えるだろう。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Japan, Original(独自), TAMRON, マクロレンズ
-, , , , , , , , , , , , ,