MC Rokkor-PF 58mm f1.4 review作例 滲みバブルボケ虹ゴーストがエモい銘玉神オールドレンズ

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 古民家 滲み

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 review作例 滲みバブルボケ虹ゴーストがエモい銘玉神オールドレンズ

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 review作例 滲みバブルボケ虹ゴーストがエモい銘玉神オールドレンズ。通称緑のロッコール。最初に言うが筆者がメッチャ好きな描写。数千円で買えたらありがたみがないが、作例を見て「ライカの貴婦人(Summilux 50mm f1.4)で撮った。」と言って誰が「いや、これはロッコールでしょ。」と気付くだろうか。もちろん独特の虹ゴーストは別にして。

ミノルタ独自のMD(SR)というマイナーなマウントのおかげで中古価格は1~2万円と安いが性能は抜群でコスパは非常に高い。数千円からあるが結局失敗して買い直しは面倒なのでレンズの状態と写りを見極めよう。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4とは レンズ構成とコーティング

レンズ構成は5群6枚の変形ダブルガウス。MC Rokkor PF 58mm f1.4が発売された1966年当時はf1.4のレンズは7枚で構成されているものがほとんどだったが、本レンズはたった6枚で構成されている元祖ダブルガウス型レンズのPlanarと同じ枚数だ。

緑のロッコールの由来は戦時中トップシークレットだったアクロマチックコーティング。アクロマチックコーティング技術は戦時中に軍事兵器として使用されていてトップシークレットで民用では公開されない特殊な技術だった。アクロマチックコーティングを実用化したのはロッコールが世界初だった。本レンズは2層のアクロマチックコーティングが施されていて発色は濃厚。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 ロッコール「PF」の意味を解読

「P」「F」いずれもレンズ構成を意味している。1文字目のPは群数、2文字目のFは枚数を表している。

群数は、3=トリプルTriple、4=クワッドQuadruple、5=ペンタPenta、6=ヘキサHexa、7=セプトSept、8=オクタOct、9=ノナNonaの頭文字が割り当てられている。

レンズ群数

  • T 3群
  • Q 4群
  • P 5群
  • H 6群
  • S 7群
  • O 8群
  • N 9群

枚数は3~12枚でCから順にアルファベットが割り当てられている。

レンズ枚数

  • C 3枚
  • D 4枚
  • E 5枚
  • F 6枚
  • G 7枚
  • H 8枚
  • I 9枚
  • J 10枚
  • K 11枚
  • L 12枚

よって「PF」は5群6枚のレンズ構成。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4のスペック

  • レンズ名:MINOLTA MC ROKKOR-PF 58mm f1.4
  • 発売年 1961年
  • マウント:Minolta SR (MC/MD)
  • 最小絞り値:f16
  • 最短撮影距離:0.6 m
  • フィルター径:55 mm
  • レンズ構成:5群7枚(多分ダブルガウス型、情報が少ない為知ってる方いたら教えてください)
  • 絞り羽根枚数:6枚
  • 重量:283g
  • 中古価格:7000円~20000円

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 オールドレンズの外観Review

中古相場7000円~25000円位。緑のロッコール。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4の外観

MC Rokkor-PF 58mm f1.4の外観

MC Rokkor-PF 58mm f1.4の外観

MC Rokkor-PF 58mm f1.4の外観

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 オールドレンズの作例Review

撮影機材カメラはSonyのフルサイズミラーレスカメラα7C、RAWストレート現像。撮影は2022年1月下旬。


エモい。冬の澄んだ空気感と気温や乾いた湿度が伝わってくる。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい ノスタルジック 昭和レトロ 霞川

虹ゴーストの作例。こんな感じでド派手に発生するので邪魔な時もある。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 虹ゴースト

筆者は個人的にこのゴーストはあまり好きではない。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 虹ゴースト

バブルボケに近い輪郭が美しい玉ボケが発生する。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 バブルボケ 緑木葉

こんな感じ。距離を変えて様子を探ってみよう。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 バブルボケ

周辺はややレモン型になるが美しい玉ボケ。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 バブルボケ

神社もサマになる。フレアーが美しい。描き方も優しい。「発色が濃厚」と言ったのは誰だ?

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 神社

好きだこのレンズ。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 神社

やばい。なぜこんなにいいレンズを持ち出さない…。いや、良すぎてつまらなくて「もっともっと」と沼へ入っていったのか自分。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 神社

この作例も好きだ。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 地面の落ち葉と鳥の白い羽根

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 落ち葉と鳥の白い羽根

おみくじが泣ける。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 神社 おみくじ 虹ゴースト

ノスタルジックでエモすぎる。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ トタン

2線ボケあり。f1.4だけあってボケは大きい。滲みが美しい。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 土管に咲く草花

たまたま置いてあったビン。フレアーや滲みがライカズミルックスの貴婦人を彷彿とさせる。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ ビン

滲みが秀逸。そりゃライカが「ミノルタさん、協業してくれませんか?」と頼む訳だ。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 田舎の少女

エモすぎる。今回の作例で一番好きかも。というか天然で芸術的な古民家の持ち主がセンスある。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 古民家 滲み

空を撮るだけでこんなにエモいぜ緑のロッコール。黄味がかったベールもノスタルジックで最高にエモい。アンジェニューかよ。

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 作例 エモい 昭和レトロ 青空と白い雲

MC Rokkor-PF 58mm f1.4 オールドレンズで実写した写りの特徴Review

  • エモい滲み
  • バブルボケに近い美しい玉ボケ(周辺はややレモン型)
  • 発色は濃厚と誰が言った?淡いぞ
  • コントラストはやや高いがコテコテしていない
  • 透明で薄いベールがかったような品のある空気感
  • 画面全体を覆うフレアー
  • ほぼ平行に複数本発生する特殊な形状の虹ゴースト
  • 開放は解像力を捨ててノスタルジックで芸術性の高い描写を求めている
  • ライカとアンジェニュー(もしくはZeiss Jena)のいいとこ取り
  • 単に高描写を求めるのではなくアートとして昇華してる

まとめ

このようにMinoltaのMC Rokkor-PF 58mm f1.4は非常に優秀な収差が残っている標準域オールドレンズだ。マウントはマイナーなMD(SR)だが1~2万円で状態がいい個体を入手できるのは奇跡に近い。周囲とかぶりやすいタクマーやヘリオスを避けて虹ゴーストやフレアー、滲みなどのオールドレンズらしい収差を味わいたいなら本レンズを選択肢に入れるのも面白い。

今回のレビューは以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, Japan, Minolta, クセ玉, 滲み玉
-, , , , , , , , , ,