Leitz Summar 50mm f2 review作例 滲むクセ玉銘玉 戦前ライカズマール5cmの描写

Leitz Summar 5cm f2 review 作例 jpeg撮って出し画像18枚 ライカ ズマール50mm/f2

Leitz Summar 50mm f2 review作例 滲むクセ玉銘玉 戦前ライカズマール5cmの描写

Leitz Summar 50mm f2(ズマール50mm f2)のReview作例。時は戦前、ライカ初のダブルガウス型を採用したズマールは画面全体を覆いつくすフレアーや美しい虹ゴースト、ふんわりと柔らかい描写でエモい写真が撮れるオールドレンズとしてオールドレンズ初心者から中上級者まで人気がある。中古相場も安いと5万円前後で入手可能でおすすめだ。

Summar 50mm f2(ズマール5cm/f2)とは

Summar50mmF2はバルナックライカ用に戦前1933年~1940年にかけて製造されたLeitz(現Leicaライカ)初のダブルガウス型を採用した大口径ハイスピードレンズ。ちなみにMeyer初のダブルガウス型レンズは超クセ玉Domironで写りはかなり個性的だ。

沈胴式ズマールはノンコート。写りの特徴は開放の滲みや全体的に柔らかい描写で内面反射の影響からフレアーと虹ゴーストが発生、グルグルボケの兆候も見られるクセ玉。

固定鏡胴で絞り羽根枚数が多い「ひょっとこズマール」や、先端がブラックペイントの「先黒ズマール」、南国仕様の「トロッペン」など複数のバリエーションが存在する。発売当初は固定鏡胴だがズマール全12万本中2000本と少なくレア。

初期の個体は鏡胴がニッケル仕上げで最小絞り値f16のモデルが存在する。後に沈胴式となりシルバークローム仕上げとなり、絞り値もf12.5に変更された。

Summar 5cm f2(ズマール 50mm f2)のスペック

  • 製造メーカー:Leitz(現Leica)
  • 製造年:1933~1940年
  • Mount:ライカL39
  • レンズ構成:4群6枚ダブルガウス型
  • 焦点距離:50mm
  • 画角:45度
  • 絞り値:開放最大f2~最小f12.5
  • 絞り羽根枚数:6枚、六角絞り
  • 最短撮影距離:1m
  • 重量:約173g(実測値)
  • フィルター径:A36(外形36mmかぶせ)、内径34mm
  • フード:SOOMP
  • 中古市場価格:4~8万円(2022年時点)

Summar 50mm f2のレンズ構成図

summar50mmf2 optics

画像転用元:アトリエライカ

1933年に発売開始されたLeitz初の大口径4群6枚ダブルガウス型バルナックライカ用標準レンズ。開放で滲み中央部の解像度も低くノンコートで内面反射によりフレアーが発生しやすい為当時の評価は低かったと言われている。

しかし、当時の貨幣価値(現在ドル換算)で$2000と高価なレンズで発売から約1年以上に渡りバックオーダーされ続ける程望まれていたレンズだった。Summarは1933年~1940年の7年間で123000本生産された。

そして1939年に4群7枚構成のSummitar(ズミタール)に置き換わる。ズミタールのレンズ構成はKodak社のEktraカメラ用のEktar 50mm f1.9に似ている。1930年代に入ると対象型ダブルガウスのPlanarを原型とした変形ダブルガウスが数多く現れた。

多くの変形ガウス型は前群の凹部分を分離してベンディングを別々に行うものだったが、特に明るいガウス型レンズは後群の凸エレメントを2つに割りそれぞれ別にベンディングを行った。また、外側の凸エレメントを1つか両方とも貼り合わせタブレットに置き換えた構成のレンズもあった。

参考文献:KEN ROCKWELL , A singular eye

Summar 50mm f2のレンズ外観レビュー

筆者が所有しているズマールのシリアルナンバーは218979で1934年製造。シルバークローム仕上げ。f12.5のモデル。ライカ初のダブルガウス型大口径の標準レンズ。

Leitz Summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm の外観レビュー ブログ用に物撮り

α7Cが小さいから沈胴ズマールの小ささが際立たないがレンズは実測173gでヘリコイド付きマクロアダプターを装着して273g。

Leitz Summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm の外観レビュー ブログ用に物撮り

戦前の1934年、今から約90年前に製造されたレンズが世界大戦の戦火を潜り抜けて今こうして目の前にこれだけ美しい状態のSummarがあることは奇跡だと思うし巡り合わせだと思う。

Leitz Summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm の外観レビュー ブログ用に物撮り

初期はニッケル仕上げで選ぶ選択肢もあったがレンズ内部の状態を優先した。戦前のライカのレンズの作りは工芸品や時計のように精工で美しい。

Leitz Summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm の外観レビュー ブログ用に物撮り

これだけクリアーな光学。くもりやヘアラインやカビは皆無。小チリのみ。

Leitz Summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm の外観レビュー ブログ用に物撮り

そしてわかりづらいと思うが、この個体は美しいブルーのコーティングが施されていた。筆者バカなので清掃でエタノールたっぷり漬けてコーティング溶かしました(つд⊂)エーン

Leitz Summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm の外観レビュー ブログ用に物撮り

絞り羽根6枚だが、よく見ると複雑な形で羽根(ブレード)が嚙み合わさって閉じる。こだわりが感じられる。

Leitz Summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm の外観レビュー ブログ用に物撮り

Summar 50mm f2の作例レビュー jpeg撮って出し

撮影機材カメラはSony α7C、クリエイティブスタイルは基本NTで基本jpeg撮って出しでレンズの素性を探る。


ライカ初の大口径ダブルガウス。周辺の結像は甘い。この未完成で繊細なダブルガウスならではのマイルドな甘さが心地よい。

冬の早朝の朝日が線路の鉄柱や標識に注ぎ込みハイライトが滲む。

背景の夫婦のダウンジャケットが玉ボケになった。子供は遊びに夢中になって道路に飛び出すことがあるから注意してあげてね。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 風景 自然 看板 玉ボケ

そもそもシチュエーションがエモい。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 風景 自然 古びたトラック

エモいでしかない。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 風景 自然 小川 鷺

奥に見える雪がかかった山は富士山。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 風景 自然

エモさ爆発。

個体差はあるがきれいな虹ゴーストも出る。筆者は5本くらい撮り比べをして本レンズを購入した。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 虹ゴースト 草花 風景 自然

新宿ヨドバシカメラ

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 街並み風景 新宿 ヨドバシカメラ

新宿の高層ビルと虹ゴースト。白黒だけど。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 高層ビル 新宿 虹ゴースト

内輪差や遠心力を感じさせるmenのダッシュ力。左手と左足そろってる。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 街並み風景 新宿

昭和レトロ。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 駅のホーム 女性後ろ姿

マネキンが店員みたいで足がなくて焦った。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 街並み風景 銀座

銀座数寄屋橋のスクランブル交差点。マスクは未来、令和の象徴となるか。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 街並み風景 銀座

エモい。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 木 植物 自然

手すりのハイライトの滲みがいい。戦前ノンコートのオールドレンズの割に諧調が豊富だと思う。jpeg撮って出し。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 街並み風景 新宿

いつもマクロ側の撮影が多いが昔撮影した都会スナップで撮影した写真を見ていると中間~無限距離も楽しい。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 街並み風景 新宿

中野の路地裏の作例もっとあるから出したい。路地裏好き。

Leitz summar 5cm f2 ライカ ズマール 50mm f2 作例画像 エモい写真 街並み風景 中野

Summar 50mm f2の写りの特徴まとめ

ズマールの写りの特徴は、ノンコートのダブルガウスらしいマイルドな残存収差が心地よい。滲み、フレア、ゴースト、今回グルグルの作例なくて申し訳ないがグルグルも発生、モノクロハマる、戦前ノンコートの割には諧調が豊富で間違いなくクセ玉と言えるがレンズ本来の性能はいい。

また、曇り玉やズマール特有の前玉にキズがあると確かに派手にベールがかかったようなズマールらしい描写になるが、筆者が所有している個体は光学の状態は美しい為、拍子抜けするほどよく写ってしまう。もう一本レンズにキズが入っている個体がほしい。

まとめ

実は美しい円環(真円)虹ゴーストが発生するズマールはもちろん筆者お気に入りのオールドレンズの一本だが、同じく戦前ライカを代表するHektor 50mm f2.5の淡く渋く滲むシネレンズのような写りも好みだ。今回のレビューは以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, Germany, Leitz(Leica), クセ玉, 滲み玉
-, , , , , , , , , ,