Topcon RE auto Topcor 135mm f3.5 Review作例 東京光学トプコン トプコール

東京光学 RE auto Topcor 135mm f3.5の作例とレビューと描写の特徴

Topcon RE auto Topcor 135mm f3.5 Review作例 東京光学トプコントプコールオールドレンズ

Topcon RE auto Topcor 135mm f3.5 Review作例 東京光学トプコントプコールオールドレンズ。レンズ構成が特殊な為か国内在庫はほぼ見かけず海外で価格高騰している。気付いたか。

東京光学 TOPCON トプコンとは

東京光学=TOPCON(トプコン)とは、現在東京都板橋区に本社を持つレンズを製造する企業で、元々は日本の光学兵器開発と製造の為に帝国陸軍が関与して1932年(昭和7年)9月1日に設立したカメラ、レンズを製造する光学メーカーである。

当時は日本の陸軍向けに火砲や銃の照準眼鏡(狙撃眼鏡)、空軍向けに戦闘機や爆撃機用の射撃照準器や爆撃照準器を供給していた。当時設立に海軍が関わっていた日本光学工業(現ニコン)と共に軍需光学機器製造の双璧として「陸のトーコー・海のニッコ-」と呼ばれていた。

戦後も一般消費者向けにカメラやレンズを供給する人気メーカーだったが、1981年(昭和56年)に一般向けカメラ市場からは撤退している。現在のトプコンは、【「医・食・住」に関する社会的課題を解決し豊かな社会づくりに貢献します。】を経営理念にDXソリューションをグローバル展開し、主に眼科関連の医療機器や測量機器等を製造販売している。

旧社名は東京光学機械株式会社で、東京証券取引所プライム市場に上場している。証券コードは7732。

Topcon RE auto Topcor 135mm f3.5 トプコールのスペック

東京光学 TOPCON RE auto Topcor 135mm f3.5のスペックを紹介する。

  • 発売年:1963年
  • 製造メーカー:東京光学機械
  • シリーズ:トプコンREスーパー用 中望遠レンズ
  • マウント:EXAKTA(エキザクタ,エクサクタ)
  • レンズ構成:3群4枚クセノタール型
  • 最小絞り値:F22
  • 画角:18度
  • 最短撮影距離:1.5m
  • 絞り羽根枚数:6枚
  • 完全自動絞り
  • コーティング:マゼンタとシアン系の単層膜
  • フィルター径:φ49mm
  • フード:内蔵型2段引き出し(スライド)フード
  • 重量:実測値384g(公式は390g)

Topcon RE auto Topcor 135mm f3.5 トプコールのレンズ構成図

3群4枚で後群が2枚ではなく1枚で群数と枚数が違うのでクセノタール型ではない。分厚い貼り合わせはゾナーっぽくもあり、ゾナー前身のエルノスター型との折衷に見える。かなり特殊なレンズ構成だ。

RE auto Topcor 135mm F3.5レンズ構成図

東京光学 RE auto Topcor 135mm f3.5

 

4群5枚クセノタール型レンズ構成図

4群5枚クセノタール型レンズ構成図

クセノタール型は前群ガウスと後群トポゴンのミックスで、3群が1枚の凹ガラスなのでやはり別物。エルノスターとゾナーの折衷と見た。いや、独自構成か。

エルノスター型レンズ構成図

レトロフォーカス型レンズ構成図

画像転用元:TOPCON CLUB, mik.hamaのいい加減にします , 大曾根、語る

TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5のオールドレンズ外観Review

撮影機材カメラは「Sony α7C」で、撮影に使用したレンズは「Nikon Ai Nikkor 50mm f1.4S」。これはフード格納した状態。

TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5の外観をNikon Nikkor Ai 50mm f1.4S でブログ用に物撮り

フード2段引き出した状態。

TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5の外観をNikon Nikkor Ai 50mm f1.4S でブログ用に物撮り

1段絞ってF2で撮影。大体こんな感じ。間違えてフード1段伸びてる。

東京光学 TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5をNikon Ai Nikkor 50mm f1.4Sでブログ用に物撮り レビューと作例

正面から。

東京光学 TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5をNikon Ai Nikkor 50mm f1.4Sでブログ用に物撮り レビューと作例

ちょっと上から。エキザクタマウントをライカMに変換してから焦点工房のライカM→Sony Eマウントへ変換するヘリコイドアダプターを装着している。

東京光学 TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5をNikon Ai Nikkor 50mm f1.4Sでブログ用に物撮り レビューと作例

真上から。

東京光学 TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5をNikon Ai Nikkor 50mm f1.4Sでブログ用に物撮り レビューと作例

開放で遊んでみた。

東京光学 TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5をNikon Ai Nikkor 50mm f1.4Sでブログ用に物撮り レビューと作例

外観レビューは以上。次はお待ちかねトプコン RE AUTO Topcor 135mm f3.5の作例。

東京光学 TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5をNikon Ai Nikkor 50mm f1.4Sでブログ用に物撮り レビューと作例

TOPCON RE auto Topcor 135mm f3.5の作例Revew

撮影機材のカメラは「Sony α7C」レンズの素性を探る為、ボディ内のクリエイティブスタイルを多少変更しているだけで現像はjpeg撮って出し。


近所を散歩して試写した草花。春は花や草木が芽吹いて嬉しい。筆者は当時エキザクタマウントのヘリコイドアダプターを所有していなかったので、本レンズの焦点距離135mmで最短撮影距離1.5mだとマクロ端でこんな感じ。ヘリコイドアダプターがあれば草花も普通に撮れるかと。中望遠レンズでマクロ寄りなので開放F3.5だがボケはいい感じにとろけた。見た感じNTで撮影。レンズの光学は3群4枚とレンズの枚数が少ないので写りはすっきりとして抜けがいい。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 エモい写真が撮れるオールドレンズ

緑の色艶がいい。紫の発色もいい。ボディ内の設定クリエイティブスタイルでST、NT、VV2、モノクロなどで試している。これは発色がいいので見た感じVV2かなと。線は太目でゴリゴリしてる。Nikonっぽい。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

もっと大きい玉ボケ狙えばよかった。これもNTかな。lightroomでシャドウ持ち上げてないが、持ち上げたところも見てみたい。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

135mmで1.5mでも草花は一応撮れる。淡い発色は好み。ボケはやや硬め。ヘリコイドアダプターを装着して寄ると面白そう。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

中望遠135mmだけあってボケはとろける。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

モノクロもいい。いいショット。色の情報量が減るから目線が諧調や構図、ボケに集中する。モノクロいいじゃんこのレンズ。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 モノクロ 白黒 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

やはり緑の発色がいい。撮影したのが春だからか?美味しそうなミドリ。ブロッコリーに似てるが食べれるかな。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

これも未加工。結構こってりしている。チューリップは色が濃い。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 チューリップ 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

トプコンはモノクロいける。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 桜 白黒 モノクロ 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

春の嬉しさを感じながらシャッターを切る。ピント面である桜の花びらは繊細に描かれていて花びらの薄さが伝わってくる。このショットはいい感じにボケた。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 桜 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

その辺に咲いてるツツジ。小学生の頃つつじの蜜を吸っていた。甘かった。ボケは自然な感じ。

東京光学(トプコン)RE auto Topcor 135mm f3.5のレビュー作例 草花 ツツジ 春の訪れ エモい写真が撮れるオールドレンズ

早朝、自宅にて光源は電球色の蛍光灯のみなので全体的にオレンジ色。ヘリコイドアダプター装着してマクロ端にて試写。中望遠のf3.5で明るいレンズではなく光源も暗いがいい雰囲気。

TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5 Revew レビュー 作例 エモい写真画像 オールドレンズ

最近こういう撮り方好きなのよね。

TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5 Revew レビュー 作例 エモい写真画像 オールドレンズ

クセノタール型レンズのピント面はキレキレシャープ。

TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5 Revew レビュー 作例 エモい写真画像 オールドレンズ

TOPCON RE AUTO Topcor 135mm f3.5で試写した写りの特徴Review

  • モノクロでいい味出す
  • さすがクセノタール型レンズ、シャープで驚くほどよく写る
  • 発色は普通~濃いの中間
  • 線は若干太めで力強い描写
  • 135mmの中望遠にしては小さく軽くて取り回ししやすい
  • ヘリコイドアダプターを装着してマクロ側で撮るとボケが大きくなり1段上の写りになる

まとめ

この時代の中望遠はクセノタール型が多く堅実な写りをするのでどのメーカーのモデルを購入しても失敗や外れは少ない。本当にXenotar型レンズの写りは手堅く堅実。

2022年購入当時は1万円以下で見かけたが2024年現在は中古在庫が見つからない。海外では$90~$500なので日本円で17000~75000円。輸入すると送料や関税込みで25000~8万5000円とか。トプコールは今海外で人気なのか?確かにレンズ構成は特殊だ。

今回のレビューは以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Japan, Topcon(東京光学), Xenotar
-, , , , , , ,