OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 銀枠前期型レビュー作例 Olympusの銘玉滲む神オールドレンズ

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ ピンク緑 滲み

OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 銀枠前期型レビュー作例 Olympusの銘玉滲む神オールドレンズ

OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 銀枠前期型レビュー作例 Olympusの銘玉滲む神オールドレンズ。優しく柔らかい描写で非常に筆者好み。人気が低いOMマウントなので中古で1万円前後で入手可能とコスパも抜群。他社と比較すると小型軽量のG Zuiko 55mm f1.2もお気に入りだが軽さとコスパと写りを考慮するとf1.4の方が好みかもしれない。小型軽量大好き。

Zuikoは暗い方がよく写る?明るいズイコーはオールドレンズ醍醐味の収差が残ってる

「ズイコーは暗い方が良く写る」という格言は一昔前にミラーレスカメラが普及する前の話しでゴーストやフレアー、グルグルボケなどの諸収差は邪魔であり悪と判断していた頃の価値観である。現行レンズに求める価値観に近い。

それが正しい間違いなどはなく、そのレンズにどんな写りを求めているかの価値観や作風スタイルの違いだ。我々のように収差を求めてオールドレンズを探し試写したり自己表現しているカメラマンにとっては暗いズイコーは優秀過ぎて物足りないだろう。そして明るいズイコーは残存収差によりオールドレンズの醍醐味が感じられるのでよく写ると思うだろう。

OM G.Zuiko Auto-S 50mm f1.4前期型と後期型の見分け方

今回レビューするオリンパスのオールドレンズは前期型の銀枠。後期型は黒枠。前期型は後期型とはレンズ構成やコーティングが違い、写りも違う。是非後期型の黒枠も入手して写りの違いを味わいたい。

OM G.Zuiko Auto-S 50mm f1.4のオールドレンズ外観レビュー

撮影機材カメラはSonyのフルサイズミラーレスカメラα7Ⅳ、レンズはCanada Leitz VISOFLEX Elmar 65mm f3.5 Makro。

G Zuiko 50mm f1.4 Olympus OM SYSTEM 外観

後で作例見てもらえばわかるがこの写りでこのコンパクトさで数千円は奇跡。根気強く探せば数千円からあるが、ハズレを引く可能性もあるのでオールドレンズ初心者の方は実店舗でレンズの状態を見て、店員に教えてもらいながら買った方がいい。

G Zuiko 50mm f1.4 Olympus OM SYSTEM 外観

他メーカーのf1.8かf2位小さくて軽い。

G Zuiko 50mm f1.4 Olympus OM SYSTEM 外観

しかも最短撮影距離0.45m。

G Zuiko 50mm f1.4 Olympus OM SYSTEM 外観

OM G.Zuiko Auto-S 50mm f1.4 前期型銀枠オールドレンズのスペック

  • マウント:OM
  • レンズ構成:6群7枚
  • 単層コーティング
  • 最小絞り:f16
  • 絞り羽根枚数:6枚
  • 最短撮影距離:0.45m
  • 重量:227g

OM G.Zuiko Auto-S 50mm f1.4 オールドレンズの作例レビュー

撮影機材はSonyのフルサイズミラーレスカメラα7Ⅳ。レンズを入手して公園で初試写。椿(ツバキ)。jpeg撮って出し。滲みがいい。絵画っぽい。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ ピンク緑 滲み

ハイライト飛びやすい。若干レタッチ。でもね、飛んでもいいんだ。そういうものだから、このレンズは。それも味。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ ピンク緑 滲み

モノクロ秀逸。滲みが「ライカかよ!」って感じ。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ モノクロ白黒 滲み

jpeg撮って出し。やはりG Zuiko 55mm f1.2の方がボケが大きく収差も激しい。どっちも好きだな。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ ピンク緑 滲み

いいレンズだ。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ ピンク緑 滲み

椿の談笑。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ ピンク緑 滲み

やっぱモノクロイケてる。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 春椿ツバキ モノクロ白黒 滲み

マクロ端の描写確認。最短撮影距離は0.45mでヘリコイド付きマクロアダプターを装着しているので30cmか25cmくらいかな?

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 マクロ 虹ゴースト 滲み

公園のベンチを逆光で。どうやら黒枠と銀枠で描写が違うらしい。今回入手した個体は銀枠なので黒枠も欲しいと思った。銘玉。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 公園ベンチ 滲み

モノクロいい。

OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1.4 レビュー作例 公園ベンチ モノクロ白黒 滲み

OM G.Zuiko Auto-S 50mm f1.4 オールドレンズで実写した感想レビュー

G Zuiko 50mm f1.4の写りは大好きだ。開放の柔らかい滲みや繊細なタッチの描写が好きでズイコー沼に漬かりそう。ミノルタ PG 50mm F1.4の滲みも良かったがズイコーの滲みはド派手。

また、ちょっと言い過ぎかもしれないが、ミノルタPG50mmf1.4とスーパータクマー50/1.4とGズイコー50/1.4はコンタックスPlanar50/1.4に匹敵すると思う。コンタックスプラナーのレンズ構成は6群7枚ダブルガウス型でGズイコーやスーパータクマー50/1.4もレンズ構成が酷似しているなどかなりコンタックスプラナーを意識していると感じた。

OM G.Zuiko Auto-S 50mm f1.4オールドレンズの中古価格とコスパ

筆者はG Zuiko 50mm f1.4を国内オークションで出品された中古の個体を6000円で入手した。写りと価格のアンバランスさよ。超コスパ高い。ヤシカと協業したCONTAX Planar 50mm f1.4の値段の約10分の1。値段が高いから芸術的な描写とか値段が安いからダメレンズとかいう概念は捨てるべきだと思うし自分にも言い聞かせているところ。

まとめ

オリンパスのOMマウントに限らず、ペトリコニカARキャノンFDやFLミノルタMDニコンFなど日本の各メーカー独自のマウントを採用したオールドレンズはいずれも価格は安いものが多い。M42マウントでさえ安い個体が多い。安い割に写りがいいレンズが多いのでオールドレンズを格安で楽しみたいなら日本独自のマウントのレンズを狙うといいだろう。

今回レビューした本レンズは中古で数千円と安く、美しい滲みや虹ゴースト、繊細でエモい描写で、しかも小型軽量とあって、まさに隠れた銘玉と言えるだろう。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

 

X Twitter 始めました。よければこちらで繋がりましょう。

-Double Gauss, Japan, OLYMPUS, クセ玉, 滲み玉
-, , , , , , , , ,