NOKTON Classic 35mm 40mm 違い比較 35mmより40mmの方が収差が強いクセ玉 f1.4

NOKTON Classic 35mm 40mm 違い比較 35mmより40mmの方が収差が強いクセ玉 f1.4

NOKTON Classic 35mm 40mm 違い比較 35mmより40mmの方が収差が強いクセ玉 f1.4

NOKTON Classic 35mm 40mm 違い比較 35mmより40mmの方が収差が強いクセ玉 f1.4。結論から言うと、40mmより35mmの方が収差が強いクセ玉だ。35mmの方が若干広角なのでなんなら40mmの方が収差が強いと思っていた方もいるかもしれない。この情報はコシナフォクトレンダー担当者の方に教えて頂いたので確かな情報である。その経緯を少し詳しく掘り下げる。

Nokton Classic 35mm 40mm f1.4の違い比較 発売時期

NOKTON Classic 40mm F1.4はNOKTON Classic 35mm F1.4よりも前に開発されたClassicシリーズ初のレンズなので、市場ユーザーの反応を伺う為、収差は若干抑え目になっている。40mmの評判が良かったので35mmはもう少し攻めて収差を残した。よって、40mmと35mmは焦点距離だけの違いではなく、収差の残り方も違う。例えばゴーストなら順光時はさほど大差はないが、特にシングルコート(SC)の逆光時は35mmの方が派手にゴーストが発生する。

Nokton Classic 35mmと40mmの光学レンズ構成の違いを比較

35mmと40mmはレンズ構成も少し違うので比較していく。40mmのレンズ構成は6群7枚で35mmは6群8枚。35mmは前群の最後方にレンズを1枚配置し(40mmにはないガラス)、後群の4群先頭には異常部分分散硝子(40mmは通常のガラス)を使用している。

左右対称率も違う。40mmの方が左右対称を崩していて35mmの方がより左右対称に近い。クセも35mmの方が強い。こうして比較してみると焦点距離以外は同じ名前のレンズだが、全く別物のレンズということがわかる。

Nokton Classic 35mm 40mm SCとMCの違いを比較

35mm、40mm共にSC(シングルコート)とMC(マルチコーティング)がラインナップしている。SCとMCの違いを比較すると、ゴーストやフレアを楽しみたいならSCで、ゴーストやフレアは抑え目にして高解像度を求めるならMCだ。

ゴーストの出現に関しては、順光時はさほど違いはわからないが、逆光時は確かに違うかな程度。解像度については現在のシングルコートは優秀なので特別気にすることはないと思う。

これはゴーストに関しても同じで、シングルコートでも適正にゴースト発生の収差は抑えているのでド派手なゴーストは期待しない方がいい。ノクトンクラシック35mmと40mmF1.4は、あくまでオールドレンズテイストを取り入れた現行レンズという位置付けだ。

Nokton Classic 35mm 40㎜違い比較 虹ゴーストはSonyのα7が最も美しい

この情報もコシナの担当者の方から教えてもらったのだが、Nokton Classc 35mmは40mmより虹ゴーストが発生しやすいことは先程述べたが、カメラボディによっても収差の出方は違う。

35mm、40mm共にSonyのα7シリーズが最もゴーストの形が美しい。今のところオールドレンズで遊ぶならSony α7かNikon Zシリーズの2強。カメラボディの軽さとマウントアダプターの種類の豊富さを求めるならSonyのα7シリーズ。

Nokton Classic 違い比較 35mmは収差が強いクセ玉で40mmはマイルドな収差

Nokton Classic 35mm 40mm オールドレンズらしい収差を残したクセ玉が好みなら35mm、収差は程々に40mmという焦点距離を楽しみたいなら40mmを選ぶといいだろう。とは言うものの、オールドレンズの強烈なクセ玉と比べると、どちらも残存収差はマイルド。

Nokton Classic 35mm 40mmの違い比較まとめ

一言でいうと「Nokton Classic 40mmより35mmの方が残存収差が残りクセが強い」。35mmも40mmも、より収差を楽しみたいならSCで収差を抑えたいならMC。

両方試写しても気付かない程度であればどちらを選んでもいいと思う。実際に試写してみるのが一番だが、複数の環境下で数時間ほど持ち出して撮影し、自宅の大きい画面で画像を見て振り返らないと違いはわかりづらいかもしれない。

どちらもユーザーの評判はいいレンズなので、残存収差は「35mm>40mm」という方程式を頭に入れて選んでもいいかもしれない。コシナフォクトレンダーで一番のクセ玉はどれか調べてみたのでそちらもどうぞ。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

アイキャッチ画像転用元:コシナフォクトレンダー

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Double Gauss, クセ玉, コシナフォクトレンダー, 備忘録
-, ,