Hanimex automatic 135mm f2.8のReview作例 激安コスパ高い国産中望遠銘玉オールドレンズ

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

Hanimex automatic 135mm f2.8 Review作例 国産中望遠オールドレンズ CanonFDHanimex automatic 135mm f2.8のReview作例 激安コスパ高い国産中望遠銘玉オールドレンズ

Hanimex automatic 135mm f2.8のReview作例 激安コスパ高い国産中望遠銘玉オールドレンズ激穴超絶安い

Bokeh Monsterと呼ばれるMeyer-Optik Gorlitz Orestor135mmf2.8(1.5m,f32)やPentacon135mmf2.8の絞り羽根15枚の個体を探していたらハニメックスというCanon FDマウント(Minolta MDやPentax PKなども有)のオールドレンズを発見した。

HANIMEXはオーストラリアのカメラ販売業者で日本がOEM製造してレンズを供給していた。レンズ構成が4群4枚ということはTripret発展型のErnostar型か?もしや面白い写りをするのでは?と淡い期待に胸を膨らませて購入。

写りの特徴はピント面はシャープだが滲みやすく画面全体が灰褐色に濁りボケ具合もエルノスター型の写りに似ていると感じた。東ドイツのドレスデン系の匂いがする。では参る。

Hanimex automatic 135mm f2.8外観

Mint、非常に新品に近い状態のオールドレンズを入手できた。4群4枚なのでエルノスター型だと思われる。エルノスター型は中望遠にも向いていて、同スペックの国産はSuper Komura 135mm f2.8もエルノスター型の中望遠オールドレンズだ。こちらは中古価格は1万円前後とボチボチ安い。

Hanimex automatic 135mm f2.8の外観レビュー

中古でも販売価格が安いとどうしても有難みに欠けて写りも安っぽいのでは?と思ってしまう気持ちもわかるが、鏡胴は金属製でチープな感じはしない。

Hanimex automatic 135mm f2.8の外観レビュー

Made in Japan。日本製です。

Hanimex automatic 135mm f2.8の外観レビュー

Hanimex automatic 135mm f2.8のスペック

  • 販売メーカー:Hanimex(オーストラリアの企業で日本企業がOEM製造)
  • レンズ構成:4群4枚(多分Ernostar型)
  • マウント:Canon FD (Minolta MDやPentax PKマウントなどあり)
  • 画角:18°
  • 絞り値:F2.8~f22
  • 最短撮影距離:1.8m
  • 全長 × 最大幅:83mm × 66mm
  • フィルター径:55mm
  • 重量:レンズ本体実測値414g(マウントアダプター込み実測値510g)

Hanimex automatic 135mm f2.8の作例

撮影機材はSonyのフルサイズミラーレスカメラα7Ⅳ。クリエイティブスタイルはNT、jpeg撮って出し。135mmという中望遠で最短撮影距離は1.8m。OrestorやPentaconが8mm操り出しのヘリコイド付きマクロアダプターを装着しても1.0mとかそんな感覚。


写りは滲みと濁りでよく写らないというよく写る描写でチープでレトロでいい感じ。レンズの枚数の少なさの強みと弱みが顕著。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 公園

後ボケの玉ボケが乱雑でいい。距離によってはもっと輪郭がはっきりした美しい玉ボケが出る。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物

エモい。ぞくっとする。一般的には写らないチープなレンズかもしれないが個人的には好き。こういう出会いがあるのだ。多分エルノスター型。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感

濁りとフレアーと滲みとボケのクセのコラボが最高。いい。エルノスター型確定か。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感

この中望遠オールドレンズが5000円

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感

しばしのお戯れ。被写体との距離が遠くマクロ端はモニターの画面上で動きが大きいから長時間のマクロ撮影は疲れる。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感

ヘリコイド付きマクロアダプターを装着して最短撮影距離は1m位の感覚。写りはどう見てもエルノスターでしょ。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

中望遠なのでヘリコイド付きマクロアダプターを装着してのマクロ域撮影はピント合わせは少し難儀。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

玉ボケもいい感じ。ボケの崩壊具合がErnostar。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

あぁ、目が疲れた。ふと空を見上げると鳩が青空を気持ちよさそうに飛んでいた。手が勝手にシャッターを切る。休めない…。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 青空 烏

周辺減光あり。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 自然 植物 モノクロ 周辺減光

ほんのりとした周辺減光がかきごおりの練乳のようだ。白いポツは超音速の爆音で日本の上空を好き勝手に舞う米軍の謎の飛行物体。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 青空 飛行機

松の木がセクシー。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 松の木

モノクロ。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 松の木 モノクロ白黒

木の幹の質感がいい。クリエイティブルックはNTでコントラストと彩度をずつ下げていた為かかなり発色は地味。後日設定は元に戻した。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 松の木

癒しの時間。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

135㎜という中望遠レンズなので大きなボケと圧縮効果は道理だが「写らない(写らなすぎない)」という期待感が的中して嬉しい。何度も繰り返し言うがボケがエルノスターだと思う。皆どう思うかな。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 青空 中間距離

中望遠オールドレンズは持ち歩かないので慣れない感覚で難しかったが面白かった。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 青空 中間距離

くすんで濁って写り悪くてボケが崩壊してオールドレンズらしさ満載で最高。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 青空 中間距離

スクエアボケと謎の中望遠という組み合わせで新年最後の正月休みを堪能した(1時間弱)。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

日常の小さな幸せって実は最大級の幸せ。大切にしよう。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 青空 中間距離

幹が太いのなんの。人間は自然や木には勝てない。樹齢数千年の樹木とかあるからね、神。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物

緑と空と雲と植物と鳥と昆虫と。僕とカメラとお散歩と。in地球。何気ない日常。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 青空 中間距離

古いレンズを新しいカメラで現代と過去をミックスしたようなエモい写りを追い求める。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

古いレンズの持ち味を引き出したい。昔どんな人がどんな想いで何を撮ってきたのだろう。そう想いに耽るだけで幸せだ。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

そんな思いで撮影していた。楽しかった。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

ロミオとジュリエットみたいに会えなくなってしまったあの人に会いたい。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

そんな年越し(約1か月)だった。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 青空 逆光

一生忘れない。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 青空 中間距離

前を向いて生きていく。強くなる。その時また笑顔で再開しよう。

20230108 Hanimex automatic 135mm f2.8 reviwe 作例 草木 自然 植物 ボケ感 玉ボケ

大好き。

まとめ

あくまで個人的な感想では古めかしいレトロな濁った描写がツボだった。ヘリコイド付きマクロアダプターを装着する前提なら作例くらいは寄れる。個人的には数千円で買える中望遠レンズとしてはおすすめだ。flickrでエクステンションチューブを装着してマクロ撮影した作例を見るとマクロレンズとしても使えるのではないかという位の高描写だった。Hanimexは謎が深い。また、同じ135mmでMeyerのOrestorとPentaconの15枚羽根も仕入れたので到着が楽しみだ。自分で撮影しないと他者の作例ではよくわからない部分も多い。今回のレビューは以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Ernostar, Japan, オーストラリア, クセ玉, 謎オールドレンズ
-, , , , , , , , , , ,