Yashinon DX 40mm f2.8 Review作例 マウントL改造 ヤシカエレクトロ 富岡光学製オールドレンズ

Yashinon DX 40mm f2.8 Review作例 ヤシカエレクトロ富岡光学製マウントL改造オールドレンズ

Yashinon DX 40mm f2.8 Review作例 マウントL改造 ヤシカエレクトロ 富岡光学製オールドレンズ

Yashinon DX 40mm f2.8 Review作例 マウントL改造 ヤシカエレクトロ 富岡光学製オールドレンズ。1970年代に発売されたヤシカエレクトロ35MCに付いていたレンズをくり抜いてマウント改造したもの。

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観Review

マウント改造後のレンズの重量は86g。チープだろ?チープなんだよ。よくできたおもちゃなんだよ。

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

往年のライカが工芸品のようにカメラやレンズを真鍮削り出しで製造していた姿勢とは真逆。鏡胴もレンズもオールプラスチック!

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

OEM製造していた富岡光学はクライアントから受けた依頼を忠実にこなして製造するだけ。しかし、コストを度外視したこだわりのレンズも見たかった。

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

まぁでもそれが後のヤシコンプラナーだったり、要するにZeissとヤシカが協業していた頃に生産していたレンズかな。というか他にも各メーカーでOEM製造していた銘玉あるよね。

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

ChinonRikenonMamiya Sekor、Revuenon、富岡ダブルネームのTominonとか。あと富岡OBが木下光学でレンズ作ってるよね。でも今はヤシノンDX40/2.8の話ししてね。

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

結構使い込んでボロボロ感ある。たくさん使ったんだなぁ。どんな被写体を撮っていたんだろう。

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

捨てられなくてよかったね。使ってあげる。うちに来てくれてありがとう。

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

チープさが愛おしくなったのは成長(変態)した証拠?

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造のレンズ外観

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造の作例Review

Sony α7CⅡでクリエイティブルックはNT、BW、FLのjpeg撮って出しでレンズの素性を探る。


クッソエモくて脳汁洩れた。周辺減光もエモい。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

絹のように柔らかくて優しい。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

ヤバすぎる。チープでトイっぽくてフィルムっぽくて昭和レトロ感満載な写りに脳汁ブシャー。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

のどかだった。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

FLにしてみる。コントラストが付いて雰囲気がガラッと変わる。彩度とコントラストが低い写りもいいが、これはこれでいい。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

映画の世界に迷い込んだか?絵画っぽくもある。今回の引きの作例で一番好きかも。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

時空をワープ。最近はタイムリープというのか?

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

ヘリコイド付きマクロアダプター装着して最短撮影距離は35~40cm位かな。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

今回の寄った花の作例ならこれが一番好きかも。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

これもいい。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

咲く前か枯れかけか散った後が好き。情緒。満開に情緒はない。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

あ、これも好き。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

ボケが油絵っぽい。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

実はね、タネ明かしすると、カビレンズなんだ。すっげーいい写りするでしょカビレンズ。そうなのよ。何度か実体験済み。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

構図とメッセージ的にはこれが一番好きかな。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

この作例でシュナイダーのシネクセノンの描写に非常に似てると感じた。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

これも。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

これがCine Xenon 50mm f2。こうやって改めて比較するとちょっと違うか。シネクセノンの方が発色が濃厚で解像度も高くコントラストの付き方もよくて高描写。まぁカメラボディも違うが。

Cine Xenon 50mm f2 アリフレックス

ヤシノンに戻る。やはりヤシノンの方があっさりしてるね。シネレンズは映画スクリーンを長時間見ていても目が疲れないようにあっさり目の描写なのだがカビレンズと比べるとね。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

昔風に悪く言うと眠い画か。現代風によく言うとエモいか。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

じゃあエモいで。すすき。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

撮って出しだがハイライトもシャドウも程よく粘ってくれている。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

作例は全て開放。なぜなら絞り羽根動かないから。元々2枚らしい。ヤシカの会社の経営状態がよくなかったことが要因か。この頃オイルショックがあったしドイツのカメラメーカーも続々吸収合併されてたし。ライカもウィルドに買収された頃。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

川の水が澄んでいて。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

この水面に反射する太陽の光源の拾い方と怪しいゴーストはもろカビの影響っぽい感じよね。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

カビっていいんだよ~。天然のエフェクト効果。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

カビは生きてるからね。レンズがおうち。コーティングが大好物らしいよ。国産のコーティングのがうまいって。原料なによ。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

カビゴースト。アンジェニューかよ。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

カビフレアー。アンジェニューkayo。

Yashinon DX 40mm f2.8 L39改 霞川

Yashinon DX 40mm f2.8 マウントL改造で実写した感想と写りの特徴Review

  • レンズの作りも写りもチープでエモい
  • ピント面の薄っすら滲みはレンズのクモリかカビか
  • 周辺の結像甘い
  • 虹ゴースト、シャワーゴースト、フレアー
  • 解像度とコントラスト、彩度は共に低めでエモい
  • Sony α7CⅡのクリエイティブルックFLでハマった
  • 雰囲気優先でフィルムっぽいレトロな描写がエモい
  • カビゴースト、カビフレアーがアンジェニューっぽい
  • チープでトイっぽくてフィルムっぽくて昭和レトロ感満載な写りに脳汁ブシャー(語彙力)
  • 富岡光学のカビレンズという新たな性癖に目覚めた
  • かよちゃん

まとめ

時代柄チープな作りのレンズだが、それが逆にいつもと違うテンションで撮影が楽しめていい刺激になった。100本以上レビュー記事執筆しておいて元も子もないが、レンズは何でもいいと最近思う。100万円のレンズだろうが1000円のレンズだろうが、撮影者の腕次第というか、どうやってそのレンズの持ち味を引き出してあげるかというレンズとの対話が一番重要。

でも自分で言っててショック受けるからツッコまないでくれ。仕方ないだろ、レンズを調べて探して選んで買って試写して作例セレクトして記事アップする一連の流れが好きなんだから。生活習慣になっちゃったよ。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Japan, Tomioka(富岡光学), YASHICA, 滲み玉, 謎オールドレンズ
-, , , , , , , , ,