Yashica Lens ML Macro 55mm f2.8 レビュー作例 富岡光学製おすすめ神マクロオールドレンズ

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

Yashica Lens ML Macro 55mm f2.8 レビュー作例 富岡光学製おすすめ神マクロオールドレンズ

Yashica Lens ML Macro 55mm f2.8 レビュー作例 富岡光学製おすすめ神マクロオールドレンズ。レンズ構成は特殊でガウスとオルソメターの折衷か戦前Leitz初のダブルガウスSummarの後群の前後を入れ替えたようにも見える。1982年以降に製造されたのでオールドレンズらしい収差は目立たず現行に近い高描写でよく写るハーフマクロレンズだ。では参る。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 富岡製神オールドレンズ構成図Review

Yashica ML Macro 55mm f2.8 レンズ構成図 (画像転用元:収差Love)

YASHICA ML MACRO 55mm F2.8 レンズ構成図

 

前群ガウスで後群は1926年に発明されたCarl ZeissのOrthometarっぽいという見方もできるが。

 

Leitz Summar 50mm f2のレンズ構成、後群の最高尾レンズを後群の先頭に配置したと見ることもできる。

leitz_summar50mmf2optics

レンズの形状も前群後群共に割と似ている。ヤシカMLマクロのレンズ構成のベースは、まさかのズマールか。

画像転用元:クラシックカメラ選書 写真レンズの歴史

Yashica ML Macro 55mm f2.8 富岡製神オールドレンズのスペックReview

  • 販売メーカー:YAshica ヤシカ (製造はヤシカ傘下の富岡光学)
  • 発売年:1982年
  • レンズ構成:4群6枚(Leitz初のダブルガウスSummarの変形,独自構成か)
  • 最短撮影距離:0.25m
  • 最小絞り値:f22
  • ハーフマクロ
  • 52mm
  • 61.5-56.5mm
  • 305g
  • 発売当時価格:38000円

Yashica ML Macro 55mm f2.8 富岡製神オールドレンズ外観Review

撮影機材はSony α7CⅡとCarl Zeiss Macro Planar 60mm f2.8C Y/C。レンズのコーティングは緑が基調のマルチコーティング。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

マクロレンズは前玉の手前が深いすり鉢状になっている。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

光学の状態は結構いい。上玉。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

ヘリコイドの動作時、テレ側で引っかかりがあり、サ~っと音もする。それだけ気になる。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

続いて正面から。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

最短撮影距離は0.25m。

シリアルナンバーはA7003353。

絞り羽根は六角絞り。油染みなし。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

マウント部も特にダメージはない。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

後玉も綺麗。上玉、当たりか。唯一ヘリコイドのテレ側の引っかかり&サ~っと異音が残念。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ外観

Yashica ML Macro 55mm f2.8 富岡製神オールドレンズ作例Review

撮影機材はSony α7CⅡ、クリエイティブルックはMTかBWかセピアでjpeg撮って出し。


1982年発売なのでオールドレンズと言えるか微妙なところだが、割と最近のレンズなのでモダンな雰囲気。とりあえずマクロ側で様子を探る。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

被写界深度はかなり薄い。標準マクロはf3.5かf4スタートでも充分だというのはわかるよ。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

でもね、開放f値が明るいなりに撮れる画もある。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

これメッチャ生えてた。君たち皆家族ですか?

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

やはり最近のレンズなので諧調よりコントラスト重視の設計。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

マクロは何でもかんでもつい最短撮影距離まで寄りたくなるが、グッとこらえて構図を意識して前ボケとか入れるとエモくなる。

開放f2.8でしょ、

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

f8でこんなにシャドウびっちり潰れる。もはや描く気なし。開放かf4かf5.6で遊んでくれってことかな。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

最近被写界深度はメッチャ薄い。スナップは操作の慣れが必要。開放で中間距離の諧調はまぁまぁ。優しさが滲み出てる。この辺はさすが富岡さん。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

木瓜(ボケ)、徐々に蕾が咲いてきてかわいい。蕾からの咲きかけっていいよな。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

水面に写る春の風景。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

謎に絡まり合う植物たち。なんかすげぇ…。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

植物の産毛?まで解像。早朝寒い中で素手で手持ちなので参考程度に。本当は緑のクルっと巻いたかわいい箇所を狙った。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

ピント面変えて最短撮影距離。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

マクロの世界は楽しい。ハーフでも結構遊べる。ハルジオン(春紫苑)をボケに使うという奇功。滲みが綺麗で硬めボケ方がイケててつい。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

じゃあでも普通に主役にしてみるわな。やっぱ咲き掛けエモい。Makro-Takumarも買ったのだが等倍でレンズ重量270g位なのでそちらも神。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

この植物なんだろう。この後どうなるんだろう。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

「じき咲きますよ」って顔してる。また見にくるわ。

Yashica ML Macro 55mm f2.8 オールドレンズ作例

Yashica ML Macro 55mm f2.8 富岡製神オールドレンズで実写した感想と写りの特徴

  • よく写り過ぎてオールドレンズっぽい雰囲気が少ない
  • 寄ればとろける、離れればボケは硬い
  • ボケが形を残したまま崩壊していく感じはエルノスターっぽくもある
  • 後群はオルソメター型に近い為か、クセ玉ガウスっぽさは少なく、優秀なクセノタール型の写りに近いと感じた
  • 独自のレンズ構成マクロレンズで面白いし安いと2万円前後で入手可能なのでおすすめ
  • マクロレンズのレビューは難しい

まとめ

1980年代の標準域ハーフマクロで2万円前後なら買いだと思う。オールドレンズのハーフマクロを1本欲しいけど予算はかけたくない人にとっては選択肢の1つに挙げてもいいと思う。ただし、本レンズはヤシカコンタックスマウントだ。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Japan, Original(独自), YASHICA, マクロレンズ
-, , , , , , , ,