Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4 レビュー作例 ツァイスの超広角おすすめオールドレンズ

Carl Zeiss Jena Flektogon(フレクトゴン) 20mm F4 のレンズのレビュー作例 エモい写真画像 夏ひまわり 風景 自然 青空

Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4 レビュー作例 ツァイスの超広角おすすめオールドレンズ。エキザクタマウント。Sony α7Ⅳで撮影したjpeg撮って出し画像20枚の作例紹介と写りの特徴を筆者独自の視点でレビュー。フレクトゴン20/4のスペックなどの紹介とレンズの詳細はこちら

Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4 レビュー作例 ツァイスの超広角おすすめオールドレンズ

またポチっちゃいました。旧東ドイツのイエナーの広角オールドレンズ、フレクトゴン20/4ですよ。ベルリンの壁を越えて西側ドイツのプロカメラマンにも愛されイデオロギーを超えた歴史的オールドレンズ。一体どんなカメラマンを経由して私の元へ来たのだろうと考えると感慨深い。ようこそ、ありがとう。

Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4の外観レビュー

フレクトゴン20/4の外観の特徴は見ての通りゼブラ柄でデカくてこの迫力。レンズのみで320g。EXA-L/Mマウントアダプター装着して428g、L/M-NEXアダプター装着して516g。

carl zeiss jena flektogon 20mm F4 超広角レトロフォーカス型 エモい写真画像が撮れるおすすめオールドレンズ

見た目はいかつくて個性的でかっこいい。カメラはSony α7Ⅳ。

carl zeiss jena flektogon 20mm F4 超広角レトロフォーカス型 エモい写真画像が撮れるおすすめオールドレンズ

やっぱりマウントはMとLで統一しようかしら。では作例。

Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm f4の試写と作例

撮影機材はSony α7Ⅳ。被写体は空気を浄化してくれる観葉植物サンスベリア。元画像で見ると葉の繊維(産毛?)まで解像しているところはさすが。フレクトゴン20/4は最短撮影距離15cmなのでかなり寄れる。


ヘリコイドアダプターを繰り出すとさらに寄れる。被写体にレンズがぶつからないように注意。しかし筆者はフィルターは装着しない派。

Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4 レビュー 作例 エモい写真が撮れるオールドレンズ 画像あり 観葉植物 サンスベリア 空気清浄

レンズが届いた直後だったのでとりあえずその辺にあるものを撮ろうとレンズが入っていた段ボールの角にピントを合わせてみた。観葉植物の木漏れ日がすでに玉ボケに。ボケは柔らかい。ワクワクする。

Flektogon20mmF4作例レビュー

思わず外に出た。ボディ内のクリエイティブルックをたまに変更しながらレンズとの相性の様子を見る。通常はレンズの素性を見る為にNTかSTで撮ることがほとんど。こちらはFL。フィルムライクでいい。空のトーンが美しい。開放でテレ側は若干減光するので懐かしい雰囲気が出る。黒潰れせずシャドウに粘りを感じる。

Flektogon20mmF4作例レビュー

モノクロもよき。レンズの素性を知る為、伝える為に全てjpeg撮って出しなのでシャドウも持ち上げていない。かっこいい。

Flektogon20mmF4作例レビュー

これはNT。開放は程よく滲む。発色は穏やか、ナチュラルあっさりめで好み。クリエイティブスタイルは一通り試すもののやはり見た感じに近いNTに落ち着く。昭和レトロ感満載。一応令和4年です。

Flektogon20mmF4作例レビュー

こちらはクリエイティブスタイルFL。やや線が太くコントラストが高めでこってりとしたフィルムライクな印象になる。

Flektogon20mmF4作例レビュー

これはINかな。INも程よく柔らかい表現になるので使いやすい。

Flektogon20mmF4作例レビュー

これはSTかな多分。空のディープブルーのトーンが美しい。漆青というか濃い青から薄い青へ移り変わる様に豊富な諧調を感じる。その向こうの青い山もたまらん。もちろん未加工撮って出し。

Flektogon20mmF4作例レビュー

逆光態勢は弱くこんな感じのゴーストが出る。画面全体を覆うようなフレアも出ている。オールドレンズの収差を表現として好むユーザーにとっては嬉しい収差だが撮影状況によっては邪魔になる時もある。

Flektogon20mmF4作例レビュー

若干樽型収差が出ているように見える。周辺減光はうまく利用すればいい感じ。

Flektogon20mmF4作例レビュー

フレクトゴン20mmF4は牧歌的なシーンがよく似合う。早く新米食べたい。

Flektogon20mmF4作例レビュー

諧調の幅が広い為黒潰れしないシャドウの描き方が優秀。トーンの美しさで勝負する広角オールドレンズだ。

Flektogon20mmF4作例レビュー

やはり20mmという超広角レンズはダイナミックで唯一無二の画が撮れる。ひまわりだけなぜかアップしていなくて後日アップした。

Carl Zeiss Jena Flektogon(フレクトゴン) 20mm F4 のレンズのレビュー作例 エモい写真画像 夏ひまわり 風景 自然 青空

夏のひまわり。記事を更新している今現在は11月なので、遠い昔のことのようで切ない。今、この一瞬を大切に生きよう。今、この一瞬が全て。そう考えると目の前にいる人がとても大切に思えてくる。目を見て魂で話して、その人のことを大切に思っていると伝えよう。明日世界が滅びるとしたら、職場の人たちといつものように働いて、そうだな、宴会でもするかな。

Carl Zeiss Jena Flektogon(フレクトゴン) 20mm F4 のレンズのレビュー作例 エモい写真画像 夏ひまわり 風景 自然

まとめ

今から周囲の人々を幸せにしてみます。写真の力はすごい。自分が撮った写真見返していたら泣けてきた。とりあえず開封レビューとしての作例は以上。というか厳密には「開封後即試写した作例を後日アップしたレビュー」になるのかなやっぱり。

そんな細かいことは気にせずに。その後改めて試写したCarl Zeiss Jena Flektogon 20mm f4の深堀記事はこちら。作例も多数載せてある。

正直、描写は好みだが、少し大きくて少し重い。EXAKTAからライカMに変換する必要があるのでアダプター2段重ねだし。後継モデルのMC化された21/2.8や25/4は軽量化されているので、そちらを選択するのもアリだ。

今回のレビューは以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

X Twitter 始めました。記事が気に入ってもらえたらフォローしてね(^^)

-Carl Zeiss Jena(東独), Germany, Retrofocus
-, , , , , , , ,