Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 レビュー作例 和製ズミルックス キヤノン銘玉ライカL神オールドレンズ

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 レビュー作例 和製ズミルックス キヤノン銘玉ライカL神オールドレンズ

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 レビュー作例 和製ズミルックス キヤノン銘玉ライカL神オールドレンズ

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 レビュー作例 和製ズミルックス キヤノン銘玉ライカL神オールドレンズ

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 神オールドレンズ銘玉 写りの特徴

海外で「Japanese Summilux」の異名を持つ本レンズの写りの特徴は、開放でズミルックスのような美しい滲みや虹ゴースト、幻想的なフレアー、低コントラストで淡くエモい描写。1段絞ると滲みは消えf4でガチガチ、f5.6~f8で最高画質。コントラストは高めで合掌部はシャープネスで高描写なのに優しく柔らかくエモい描写。逆光時でも暗部は潰れずきっちり中間諧調が出そろう銘玉。

先に結論を言ってしまうが、完璧すぎて真面目に神オールドレンズの称号が与えられてもいいのではないかと思う。オールマイティで完成度が高い50mm f1.4の6枚ガウスを他に知らない。しかも中古相場は中古カメラ屋でも3万円台から入手できてコストパフォーマンスも高い。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 オールドレンズのスペックReview

  • 製造年:1957~1972年
  • マウント:ライカL39/LTM
  • レンズ構成:4群6枚ダブルガウス型
  • 絞り羽根枚数:9枚
  • 最短撮影距離:1m
  • フィルター径:48mm
  • 全長×最大径:41.7×55mm
  • 重量:242g(実測値)

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 レンズ構成図Review

canon50mmf1.4iopticsレンズ構成図

Leicaの貴婦人Summilux 50mm f1.4のレンズ構成に似てる。一番後ろのレンズが分割または1枚増やすとほぼ一緒になる。

Summilux 50mm f1.4 貴婦人 Leitz Leica レンズ構成 ライカ

ズミルックスの発売はキャノンより2年後の1959年。ただし、ズミルックスはSummaritの改良なのでキャノンがズマリットのレンズ構成を手本にしたのかもしれない。ちなみにSuper Takumar 50mm f1.4やヤシコンプラナーPlanar 50mm f1.4も貴婦人のレンズ構成に似てる。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 オールドレンズ外観Review

Sony α7CⅡ、Auto Chinon MCM 55mm f1.7 Macro Multi Coated Lensで撮影。


前玉コーティング剥がれかクモリか。滲むかな。ワクワク。

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

レンジファインダー機用のオールドレンズは総じて寄れない。ヘリコイド付きマクロアダプター装着して焦点距離50mmレンズの最短撮影距離は50cm位。

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

写りは抜群で昔から評判のいいオールドレンズ。

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

ピントリングが重かったので修理に出してグリスアップしてもらった。

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

山崎さんで研磨とコーティングしてもらってスペシャル仕様にするか?研磨はなぁ…。経年劣化はアンティークの味だからな。

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

Canon Lens 50mm f1.4 L39 オールドレンズ外観

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 オールドレンズ作例Review

Sonyα7Ⅳで撮影、jpeg撮って出し。後の方にα7CⅡの作例もあるが、出てくる画が違う。写り違うんだなやっぱり。α7CⅡの方がいいぞ。


うおぃ!マジでライカの貴婦人Summilux 50mm f1.4 1stかよ!レンズ構成云々もあるかもしれないが、写りが似てるから海外からJapanese Summiluxと呼ばれるんだな。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

50mm f1.4なので前ボケも強烈。周辺減光もエモい。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

コントラスト高くてかっこいいな。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

ハイライト滲む。Japanese Summilux。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

弱いグルグルボケも発生。モノクロよき。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

絞ってf5.6。ギスギスせずに硬くなりすぎなくていい。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

6枚ガウスの50mm f1.4のオールドレンズ他にある?考えてみるとゾナー型か7枚だよね。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

Y

Canon 50mm f1.4 L39の作例

逆光時テスト。コントラスト低下しつつ幻想的なフレアーがエモい。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

いいね。エモい。

Canon 50mm f1.4 L39の作例

バイバイ。

Canon 50mm f1.4 L39の作例


翌年の別日。α7CⅡ。6月の朝焼け。エんモ。逆光テストだが肉眼で見た雰囲気に近くて大好き。シャドウの諧調も拾ってる。銘玉だ。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

モノクロ撮って出し。エモい。撮って出し。暗部いいねやっぱり。すごいレンズだぞこれ。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

いつものヘリコイド付きマクロアダプター装着した状態の最短撮影距離。柔らかくて優しい描き方。合掌部シャープネス。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

やっぱ6枚ガウス好きだ。いいボケかましてる。神オールドレンズの称号与える?どうする?

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

こちらは元の最短撮影距離1mかな。玉ボケやグルグルボケの確認。非点収差は抑えられていてグルグルは弱め。光の捉え方も非常に優しい。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

ん~、グルグルボケ発生してると言えるのか?でも「グルグルボケが発生するクセ玉オールドレンズです」って感じでもないな。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

絵画っぽく渋く撮ってみる。脳汁。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

露光量上げてハイライト飛ばし気味にして幻想的ムード出してみる。もちろん全て撮って出し。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 作例

バイバイ。

Canon Lens 50mm f1.4Ⅱ L39 実写した感想Review

  • 中央部の解像度は高く合掌部はシャープネス
  • コントラストは高め
  • モノクロ時代ならではのかっこいい写真が撮れる
  • グルグルボケは弱め
  • エモいフレアー発生
  • カラーも発色は程よく優しい描写
  • 6枚ガウスの50mm f1.4は貴重
  • 虹ゴーストチェック忘れたが多分出ない
  • 逆光時も諧調豊富でシャドウの描き方が絶妙
  • 神オールドレンズ(銘玉)の称号与えちゃう?

まとめ

改めて最近作例を撮ってセレクトしていて評判通り素晴らしいレンズだと再確認した。というか購入直後に試写してすぐにグリスアップの修理に出したのでじっくり試写できていなかったのだ。

クモリもコーティング剥がれも天然のエフェクト。私の哲学、思想、美学。その為にオールドレンズを使う。オールドレンズは天然のエフェクト効果。カメラボディとレンズ選びと撮影の瞬間で全てエフェクトをかける。

経年劣化もオールドレンズの味。鈴木啓太Urbanさんや伊藤弘さんのようにダメージレンズの魅力に憑りつかれてしまったのかもしれない。光学の状態がいいレンズと柔らかい雰囲気のレンズはそれぞれ良さがある。

撮りたい写真によって使い分けられるとオールドレンズ上級者と呼べるかもしれない。

今回は以上。本日も素敵なオールドレンズライフをお過ごしください。

 

 

X Twitter 始めました。よければこちらで繋がりましょう。

-Canon, Double Gauss, Japan, クセ玉, 滲み玉
-, , , , , , , , , ,